【R-mini-CHOP】高齢のDLBCL患者における日本からのR-mini-CHOP療法の報告

【論文の画像をはる.】
NewImage

論文

英語:Outcomes of very elderly patients with aggressive B‑cell non‑Hodgkin lymphoma treated with reduced‑dose chemotherapy
日本語:低用量化学療法で治療されたAggressive B細胞型非ホジキンリンパ腫の非常に高齢の患者の転帰について
PubMedLink:Int J Clin Oncol (2016) 21:498–505

Clinical question

日本でのR-mini-CHOPの試験結果は??

Key point

NewImage

(A) R-vCHOPまたはR-miniCHOPで治療された48人の患者の無増悪生存期間(PFS)および治療の種類による(B)PFS。 (C) 48人の患者の全生存期間(OS)および治療の種類による(D) OS
R-vCHOPとR-mini-CHOPはOS,PFSに有意差はなかった.

NewImage

OSとAA-IPI およびCharlson comorbidity indexとの関係

NewImage

化学療法の予定サイクル数は達成した方が予後がPFSがいいよ.やっぱり,できるだけ達成することを目指すレジメンがいいね.

Abstract

背景

臨床現場では、AggresiveなB細胞非ホジキンリンパ腫(B-NHL)の80歳以上の患者数が増加していますが、耐用性が低く治療が困難でした.
本研究の目的は、非常に高齢の患者に対する減量化学療法の有効性と安全性を評価することでした。

方法

80歳以上のびまん性大細胞型B細胞リンパ腫(n = 58)またはグレード3の濾胞性リンパ腫(n = 3)の患者の臨床転帰を遡及的に分析した。

結果

患者の年齢は80〜93歳で、中央値は83歳でした。
24人の患者がCHOPまたはTHP-COPで治療され、その投与量はリツキシマブ(R-vCHOP)と組み合わせて可変的に減少した、他の24人の患者はR-miniCHOPで治療された。
12人のR-vCHOPおよび16人のR-miniCHOP患者が化学療法サイクルを完了した。
R-vCHOP群およびR-mini-CHOP群における2年無進行生存率は53%および39%(P = 0.92)全生存率の推定値は、53および48%(P = 0.95)であった。
PS≧2、乳酸デヒドロゲナーゼレベル>正常、血清アルブミン≦3.5 g / dL、C反応性タンパク質≧2.0 mg / dL、年齢調整国際予後スコア2/3、および化学療法サイクルからの中止は、生存不良と関連していた。
2回目以降のサイクルにおける化学療法に関連した入院の頻度は、R-miniCHOPグループで有意に少なかった。

R-vCHOPはCHOPを可変的に減量するレジメンのことをいうようだ.

まとめ

R-vCHOPとR-miniCHOPの有効性は、攻撃的なB-NHLを有する80歳以上の患者で同様であった。
R-miniCHOP治療で観察される入院頻度の減少は、非常に高齢の患者にとって有益です。

Table and Figure

NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage

原文

Background Although the number of patients aged 80 years or older with aggressive B-cell non-Hodgkin lymphoma (B-NHL) has increased in the clinical setting, management has been challenging due to lower tolerability. The aim of the present study was to evaluate the efficacy and safety of reduced-dose chemotherapy for very elderly patients.

Methods We retrospectively analyzed the clinical outcomes of patients aged ≥80 years old with diffuse large B-cell lymphoma (n = 58) or grade 3 follicular lymphoma (n = 3).

Results Patient ages ranged from 80 to 93 years old, with a median of 83 years old. Twenty-four patients were treated with CHOP or THP-COP, the dosages of which were variably reduced, in combination with rituximab (R-vCHOP), while another 24 patients were treated with R-miniCHOP. Twelve R-vCHOP and 16 R-miniCHOP patients completed the chemotherapy cycles. The estimated 2-year progression-free and overall survival rates in the R-vCHOP and R-miniCHOP groups were 53 and 39 % (P = 0.92) and 53 and 48 % (P = 0.95), respectively. Performance status ≥2, lactate dehydrogenase level >normal, serum albumin ≤3.5 g/dL, C-reactive protein ≥2.0 mg/dL, age-adjusted International Prognostic Score 2/3, and withdrawal from the chemotherapy cycle were associated with poor survival.
The frequency of chemotherapy-related hospitalization during the second or later cycles was significantly less in the R-miniCHOP group.

Conclusions The efficacies of R-vCHOP and R-miniCHOP were similar in patients aged ≥80 years old with aggressive B-NHL. The reduced frequency of hospitalization observed for R-miniCHOP treatment is beneficial for very elderly patients.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください