急性骨髄性白血病の寛解導入療法におけるIDR or DNRのD-Indexについて

NewImage

論文

Title(英語):Comparison of neutropenia profiles in different treatment protocols for acute myeloid leukemia using the D-index.
Title(日本語):D-indexを用いた急性骨髄性白血病に対する異なる治療プロトコルにおける好中球減少症プロファイルの比較
PubMed linkInt J Hematol. 2019 Jan 25. doi: 10.1007/s12185-019-02593-2.

論文読む上での基礎情報

好中球減少症の期間における感染症合併のリスクは好中球減少の深さと期間の両方に依存する.(つまり積和の関係にある.)
そのため,D-Indexとよばれる新しい指標を自治医科大学から提唱されている.
侵襲性真菌感染症のリスク分類に非常によく97%程度の陰性的中率がある.(5500をカットオフ)

略語

IDR:イダルビシン
DNR:ダウノルビシン
SDAC:標準量シタラビン(standard-dose cytarabine)
HDAC:高容量シタラビン(High-dose cytarabine)

Clinical question

Key point

NewImage

Induction therapyについて
IDR vs DNRでは
NewImage
と,DNR群の長い傾向にあるがD-IndexはIDR群の方で高かった.(好中球減少期間はDNR群の方が長いが,実際の真菌感染症のリスクはIDR群の方が高い.)

地固め療法に関してはHDACの方がコース数が少ないことからD-IndexはSDAC群と比べて低値であった.

Abstract

好中球減少症は、化学療法を受けている急性骨髄性白血病(AML)患者における日和見感染症の主要な危険因子である.
本研究では、AMLに対する2つの異なる化学療法レジメンの間で、好中球減少症の深さと期間の両方を反映するD指数を後方視的にに比較した.
AML患者67人が含まれた。
37人がダウノルビシン(DNR)およびシタラビンの導入療法を受け、続いて標準用量シタラビン(SDAC)および他の抗がん剤からなる地固め療法を受けた.
残りの30人には、寛解導入療法としてイダルビシン(IDR)とシタラビンが投与され、その後地固め療法として高用量のシタラビン(HDAC)が投与された.
IDR群はDNR群と比べて好中球減少症の期間はより短かったが、D-INdexはDNRよりもIDRの方が高かった.
地固め療法全体のD指数は、HDACよりもSDACの方が有意に高かった.
結論として、好中球減少症プロファイルは治療計画間で異なり、したがって、医師は各計画について好中球減少症プロファイルに従って感染性合併症の管理を計画すべきである。

Table and Figure

NewImage NewImage NewImage NewImage NewImage NewImage

原文

Title:Comparison of neutropenia profiles in different treatment protocols for acute myeloid leukemia using the D-index.

Abstract

Neutropenia is a major risk factor for opportunistic infections in patients with acute myeloid leukemia (AML) who undergo chemotherapy. In the present study, we retrospectively compared the D-index, which reflects both the depth and duration of neutropenia, between two different chemotherapy regimens for AML. Sixty-seven patients with AML were included: 37 received an induction regimen of daunorubicin (DNR) and cytarabine followed by consolidation therapies consisting of standard-dose cytarabine (SDAC) and other antineoplastic agents; the remaining 30 received idarubicin (IDR) and cytarabine as remission induction therapy followed by high-dose cytarabine (HDAC). The duration of neutropenia was shorter, but the D-index was higher, with IDR than with DNR. The total D-index during the entire consolidation therapies was significantly higher with SDAC than with HDAC. In conclusion, the neutropenia profile differs between treatment regimens, and thus, physicians should plan the management of infectious complications according to the neutropenia profile for each regimen.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください