悪性リンパ腫におけるCHASER療法について

論文

Title(英語):Phase II study of a salvage regimen using cyclophosphamide, high-dose cytarabine, dexamethasone, etoposide, and rituximab in patients with relapsed or refractory B-cell non-Hodgkin’s lymphoma.
Title(日本語):再発または難治性の非ホジキンB細胞性リンパ腫患者におけるシクロホスファミド、高用量シタラビン、デキサメタゾン、エトポシド、およびリツキシマブを使用したサルベージ療法の第II相試験
PubMed link:Cancer Sci. 2008 Jan;99(1):179-84. Epub 2007 Nov 7.

Clinical question

CHASE(R)療法を施行してみたくなったので調べてみた.
CHASERはキレがいいレジメンであると非常に評判で,救援療法として適しているか一度原著論文を読んでみた.

Key point

CHASERの好中球減少の谷の中央値はday13 (10-19日)

自家末梢血肝細胞採取も非常に高い採取率であり,前処置のレジメンとしては適当であると考えられる.
(モゾビルがあるとはいえ,ESHAPをやってしまったりするとなかなか取れない印象はやっぱりある.エビデンスに関しては知らない.)

20人の患者(78%)がFNを併発しているというのは結構多い気がする.

Abstract

再発性または難治性のB細胞非ホジキンリンパ腫(B-NHL)の治療は難しい
画像検査にて確認でき,臓器障害を伴わない(化学療法施行可能であると考えられる)再発または難治性のB-NHL患者における救済化学免疫療法(CHASER)の有効性と安全性を調べた.

CHASER治療は、day1にリツキシマブ375 mg / m^2の投与.day3にシクロホスファミド1200 mg / m^2を3時間かけて投与.day4,5にシタラビン2 g / m^2を3時間以上かけて静脈内投与、day3-5日目にかけてエトポシド100 mg / m^2投与.day3-5デキサメタゾン40 mg静脈ない投与.
疾患の進行がない状態で、治療を3週間ごとに合計4コースまで繰り返した.
32人の患者が登録され、患者1人あたり4回の治療コース(範囲1〜4コース)の中央値を受けた.
20人の患者(63%)が以前にリツキシマブ含有レジメンで治療されていた.
年齢の中央値は54歳28-67歳の範囲)。

治療は一般的に忍容性が高く、主な毒性はグレード4の好中球減少症(n = 32)、輸血を必要とする血小板減少症(n = 28)、およびグレード3のトランスアミナーゼ上昇(n = 2)であった。

グループ全体、ならびにindorent(n = 17)およびAgrresive(n = 15)疾患を有する患者における全体的な奏効率は、それぞれ84%、100%および67%であった.

以前のリツキシマブ曝露を受けた患者(n = 20)および受けなかった患者(n = 12)においても同様に反応が観察された(それぞれ85%および83%).

幹細胞採取は22人の患者のうち19人で成功した。

グループ全体の治療失敗までの期間の中央値は24.5ヶ月でした。

高い効果と好ましい毒性プロファイルのこの有望な結果は、大規模な多施設共同試験におけるさらなる研究を正当化するものである。

Table and Figure

NewImage NewImage NewImage NewImage NewImage

原文

Title:

Abstract

The management of relapsed or refractory B-cell non-Hodgkin’s lymphoma (B-NHL) remains challenging. We investigated the efficacy and safety of salvage chemoimmunotherapy (CHASER) in patients with relapsed or refractory B-NHL who had radiographically measurable disease and adequate major organ function. The CHASER treatment consisted of: rituximab 375 mg/m(2), day 1; cyclophosphamide 1200 mg/m(2), day 3; cytarabine 2 g/m(2), days 4 and 5; etoposide 100 mg/m(2), days 3-5; and dexamethasone 40 mg, days 3-5. The treatment was repeated every 3 weeks up to a total of four courses in the absence of disease progression. Thirty-two patients were enrolled and received a median of four courses of treatment (range 1-4 courses) per patient. Twenty patients (63%) were previously treated with rituximab-containing regimens. The median age was 54 years (range 28-67 years). The treatment was generally well tolerated, with major toxicities being grade 4 neutropenia (n = 32), thrombocytopenia requiring transfusion (n = 28), and grade 3 transaminase elevation (n = 2). Overall response rates in the entire group, and in patients with indolent (n = 17) and aggressive (n = 15) diseases were 84%, 100% and 67%, respectively. Responses were observed similarly in patients with (n = 20) and without (n = 12) previous rituximab exposure (85% and 83%, respectively). Stem cell harvest was successful in 19 of 22 patients. The median time to treatment failure for the entire group was 24.5 months. This promising result of high activity and favorable toxicity profile warrants further investigation in large-scale multicenter trials.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください