TTPに対するカプラシズマブ投与

論文

 

NewImage

Title(英語):Caplacizumab Treatment for Acquired Thrombotic Thrombocytopenic Purpura
Title(日本語):後天性血栓性血小板減少性紫斑病に対するカプラシズマブ投与
PubMed link:N Engl J Med. 2019 Jan 24;380(4):335-346.

論文読む上での基礎情報

NEJMは毎週
後天性血栓性血小板減少性紫斑病に対するカプラシズマブ投与
にお世話になっています.
ざーっとチェックして必要そうなのを読むようにしています.いつもありがとうございます.
今日も備忘録がわりにまとめ.
一応オリジナルとして保存している文献の形跡だけ残しておきます.

NewImage

こんな感じで疾患と薬剤とか疾患ごとに保存してることが多いです.
ほぼメモ書き.

TTPまとめ

 血液内科 抄読会 論文 ブログ クリニカルパール
カテゴリー 「」
https://ketsueki.jp/category/ttp/
(件数:0)

Clinical question

そこに論文があったから.
ざっとしか目を通してません.

Key point

N Engl J Med 2016; 374:511-522
のPhase3 Trial
TTPに対してプラセボ vs カプラシズマブを投与した場合の比較
血小板数が正常化するまでの期間を主要評価項目
TTP関連の死亡,再発,血栓塞栓のイベント,TTPの再発とした.

Abstract

 

背景

 

後天性血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)では,von Willebrand 因子切断プロテアーゼ ADAMTS13 の免疫介在性の欠損により,von Willebrand 因子マルチマーが血小板に無制限に結合して微小血管血栓症が生じ,その結果,血小板減少症,溶血性貧血,組織虚血が生じる.抗 von Willebrand 因子ヒト化 2 価単一可変領域免疫グロブリン断片であるカプラシズマブ(caplacizumab)は,von Willebrand 因子マルチマーと血小板の相互作用を阻害する.

方法

二重盲検比較試験で,TTP 患者 145 例を,血漿交換中とその後 30 日間,カプラシズマブを投与する群(負荷用量 10 mg を静脈内ボーラス投与し,その後 10 mg/日を皮下投与)とプラセボを投与する群に無作為に割り付けた.主要評価項目は,血小板数が正常化するまでの期間とし,その後 5 日以内に連日の血漿交換療法が中止されることとした.主な副次的評価項目は,試験治療期間中の TTP 関連死・TTP の再発・血栓塞栓イベントの複合,試験期間のいずれかの時点での TTP の再発,難治性 TTP,臓器障害マーカーの正常化などとした.

結果

NewImage

血小板数正常化までの期間の中央値は,カプラシズマブ群のほうがプラセボ群よりも短く(2.69 日 [95%信頼区間 {CI} 1.89~2.83] 対 2.88 日 [95% CI 2.68~3.56],P=0.01),カプラシズマブ投与例は,血小板数が正常化する確率がプラセボ投与例の 1.55 倍であった.複合転帰が発生した患者の割合は,カプラシズマブ群がプラセボ群よりも 74%低かった(12% 対 49%,P<0.001).試験期間のいずれかの時点で TTP が再発した患者の割合は,カプラシズマブ群がプラセボ群の 67%低かった(12% 対 38%,P<0.001).難治性 TTP はカプラシズマブ群では認められず,プラセボ群では 3 例に認められた.カプラシズマブ投与例は,プラセボ投与例よりも血漿交換を必要とした日数が少なく,入院期間が短かった.もっとも頻度の高かった有害事象は皮膚粘膜出血であり,カプラシズマブ群の 65%とプラセボ群の 48%で報告された.試験治療期間中にプラセボ群の 3 例が死亡した.治療期間終了後にカプラシズマブ群の 1 例が脳虚血で死亡した.

まとめ

TTP 患者では,カプラシズマブ投与はプラセボと比較して,血小板数の正常化が早いこと,試験治療期間中の TTP 関連死・TTP の再発・血栓塞栓イベントの複合転帰の発生率が低いこと,試験期間中の TTP の再発率が低いことに関連した.

Table and Figure

NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage

原文

BACKGROUND
In acquired thrombotic thrombocytopenic purpura (TTP), an immune-mediated defi- ciency of the von Willebrand factor–cleaving protease ADAMTS13 allows unrestrained adhesion of von Willebrand factor multimers to platelets and microthrombosis, which result in thrombocytopenia, hemolytic anemia, and tissue ischemia. Caplaciz- umab, an anti–von Willebrand factor humanized, bivalent variable-domain-only immunoglobulin fragment, inhibits interaction between von Willebrand factor multi- mers and platelets.
METHODS
In this double-blind, controlled trial, we randomly assigned 145 patients with TTP to receive caplacizumab (10-mg intravenous loading bolus, followed by 10 mg daily subcutaneously) or placebo during plasma exchange and for 30 days thereafter. The primary outcome was the time to normalization of the platelet count, with discon- tinuation of daily plasma exchange within 5 days thereafter. Key secondary outcomes included a composite of TTP-related death, recurrence of TTP, or a thromboembolic event during the trial treatment period; recurrence of TTP at any time during the trial; refractory TTP; and normalization of organ-damage markers.
RESULTS
The median time to normalization of the platelet count was shorter with caplacizumab than with placebo (2.69 days [95% confidence interval {CI}, 1.89 to 2.83] vs. 2.88 days [95% CI, 2.68 to 3.56], P=0.01), and patients who received caplacizumab were 1.55 times as likely to have a normalization of the platelet count as those who received placebo. The percentage of patients with a composite outcome event was 74% lower with caplacizumab than with placebo (12% vs. 49%, P<0.001). The percentage of patients who had a recurrence of TTP at any time during the trial was 67% lower with caplacizumab than with placebo (12% vs. 38%, P<0.001). Refractory disease devel- oped in no patients in the caplacizumab group and in three patients in the placebo group. Patients who received caplacizumab needed less plasma exchange and had a shorter hospitalization than those who received placebo. The most common ad- verse event was mucocutaneous bleeding, which was reported in 65% of the patients in the caplacizumab group and in 48% in the placebo group. During the trial treat- ment period, three patients in the placebo group died. One patient in the caplaciz- umab group died from cerebral ischemia after the end of the treatment period. CONCLUSIONS
Among patients with TTP, treatment with caplacizumab was associated with faster normalization of the platelet count; a lower incidence of a composite of TTP-related death, recurrence of TTP, or a thromboembolic event during the treatment period; and a lower rate of recurrence of TTP during the trial than placebo. (Funded by Ablynx; HERCULES ClinicalTrials.gov number, NCT02553317.)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください