縦隔原発B細胞リンパ腫 についてDA-EPOCH vs R-CHOP療法

NewImage

論文

Title(英語):R-CHOP versus dose-adjusted R-EPOCH in frontline management of primary mediastinal B-cell lymphoma: a multi-centre analysis.
Title(日本語):縦隔原発B細胞リンパ腫に対してR-CHOP vs DA-EPOCH療法について
PubMed link:Br J Haematol. 2018 Feb;180(4):534-544.

論文読む上での基礎情報

縦隔原発B細胞リンパ腫に対してDA-EPOCH療法についての記事は以下

 

Clinical question

Key point

DA-R-EPOCHのCR率は高かったが,このレジメンを投与された患者は短期間の治療に関連した有害事象の割合は多い.(好中球減少など).
しかし,放射線照射を要した割合は減少し,縦隔放射線療法に関連した長期的なリスクは免れた.

NewImage
2013年の論文以降DA-EPOCHを実施した施設ごとの割合
軒並み増加している.

NewImage
OSについて

NewImage
PFSについて

NewImage
24ヶ月時点でのOSとPFSについて有意差なし.

NewImage
DA-R-EPOCHとR-CHOPについて
有意差があるのはCR率と入院を要する割合.

NewImage
R-CHOP群の放射線療法について

Abstract

縦隔原発大細胞型B細胞リンパ腫(PMBCL)は,縦隔腫瘤を呈し,独特の臨床病理学的特徴を有する非ホジキンリンパ腫(NHL)のまれなサブタイプである.
歴史的には、PMBCL患者はR-CHOP(リツキシマブ、シクロホスファミド、ドキソルビシン、ビンクリスチン、プレドニゾン)の化学療法で治療されていた.
2013年4月に発表された第II相試験が用量調整(DA)R-EPOCH(リツキシマブ、エトポシド、プレドニゾン、ビンクリスチン、シクロホスファミド、ドキソルビシン)を用いた優れた結果を示したた,DA-EPOCHは使用されるようになってきた.
2011年1月以降、PMBCLを有する18歳以上の患者の遡及的に多施設分析を実施した.
患者は初期のレジメンで層別化され,R-CHOP vs DA-R-EPOCHによって分けた.
132人の患者が11のセンター(56のR-CHOPおよび76のDA-REPOCH)から同定された.
Primary outcome は全生存期間.
Secoundary outcomeには、無増悪生存期間、完全奏効(CR)率、および治療に関連した合併症の発生率とした.
人口学的特徴は両群で類似していた.
DA-R-EPOCHの使用は2013年4月以降に増加し(79% vs 45%、P <0.001),
DA-R-EPOCH後の放射線使用は少なかった(13% vs 59%、P <0.001).
CR率はDA-R-EPOCHの方が高かったが(84 % vs 70%、P = 0.046),これらの患者は治療関連の毒性の割合が高かった.
2年時点で、R-CHOP患者の89%およびDA-R-EPOCH患者の91%が生存していた.
私たちの知る限りでは、これはPMBCLのR-CHOPとDA-R-EPOCHの結果を比較した最大の臨床試験である.

Table and Figure

NewImage NewImage NewImage NewImage NewImage

原文

Title:R-CHOP versus dose-adjusted R-EPOCH in frontline management of primary mediastinal B-cell lymphoma: a multi-centre analysis.

Summary

Primary mediastinal (thymic) large B-cell lymphoma (PMBCL) is an uncommon subtype of non-Hodgkin lymphoma (NHL) that presents with a mediastinal mass and has unique clinicopathological features. Historically, patients with PMBCL were treated with R-CHOP (rituximab, cyclophosphamide, doxorubicin, vincristine, prednisone) chemotherapy Æ involved field radiation. Since a phase II trial, published in April 2013, demonstrated excellent results using dose-adjusted (DA) R-EPOCH (rituximab, etoposide, prednisone, vincristine, cyclophosphamide, doxorubicin), this treatment has gained popularity. We performed a retrospective, multicentre analysis of patients aged ≥18 years with PMBCL since January 2011. Patients were stratified by frontline regimen, R-CHOP versus DA-R-EPOCH. 132 patients were identified from 11 contributing centres (56 R-CHOP and 76 DA-REPOCH). The primary outcome was overall survival. Secondary outcomes included progression-free survival, complete response (CR) rate, and rates of treatment-related complications. Demographic characteristics were similar in both groups. DA-R-EPOCH use increased after April 2013 (79% vs. 45%, P < 0.001), and there was less radiation use after DA-R-EPOCH (13% vs. 59%, P < 0Á001). While CR rates were higher with DA-R-EPOCH (84% vs. 70%, P= 0Á046), these patients were more likely to experience treatment-related toxicities. At 2 years, 89% of R-CHOP patients and 91% of DA-R-EPOCH patients were alive. To our knowledge, this represents the largest series comparing outcomes of R-CHOP to DA-R-EPOCH for PMBCL.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください