縦隔原発 B 細胞リンパ腫に対するDA-EPOCH療法

デフォルト 2019-03-05 21.55.06のサムネイル

論文

Title(英語):Dose-adjusted EPOCH-rituximab therapy in primary mediastinal B-cell lymphoma.
Title(日本語):縦隔原発 B 細胞リンパ腫に対するDA-EPOCH:容量調節DA-EPOCH+リツキシマブ療法
PubMed link:N Engl J Med. 2013 Apr 11;368(15):1408-16.

論文読む上での基礎情報

縦隔原発悪性リンパ腫の疫学

若年に好発し,女性に多い(1:2で女性)
DLBCL全体の10%程度
通常,縦隔のBulkey病変がある.(しばしば胸水,心囊液を伴う)
まれに,肺や胃,脳などの節外病変も伴う.
起源の推定細胞は胸腺B細胞.

縦隔原発悪性リンパ腫の分子学的特徴

多くは,BCL6の偏位を伴う.(BCL:B-cell lymphoma 6 gene)
免疫グロブリン重鎖遺伝子の体細胞変異も伴う.
REL proto-oncogene and the JAK2 tyrosine kinase gene 変異を半数に伴う.
Hodgkinリンパ腫に近い変異をしばしば伴う.

 

縦隔原発大細胞型B細胞リンパ腫の記事

R-CHOP vs DA-EPOCHの比較

 

Clinical question

縦隔原発性悪性リンパ腫を経験して,治療方針を決めるにあたって
DA-EPOCHを読んでみた.

Key point

縦隔原発悪性リンパ腫に対してDA-EPOCHの前向き試験
NewImage
追跡期間中央値63ヵ月の時点で、EFSは93%(パネルA)、OSは97%(パネルB)でした。後方視的解析では、37カ月の追跡期間中央値でEFSおよびOSはどちらも100%(それぞれパネルCおよびパネルD)であった.

NewImage
DA-EPOCHによってEFの低下は認められなかった.

すごい,成績が極端にDA-EPOCHいいな・・・.
R-CHOPとの比較はどうなんだろうか.

Abstract

背景

縦隔原発 B 細胞リンパ腫は,結節硬化型ホジキンリンパ腫と密接に関連するびまん性大細胞型 B 細胞リンパ腫の,明確な特徴をもつ亜型の一つである.
患者は通常若年で,受診時には大きな縦隔腫瘤が認められる.
標準治療はないものの,免疫化学療法単独では不十分であるため,縦隔照射による強化療法がルーチンに行われており,これは重篤な晩期副作用をもたらす可能性がある.
この研究の目的は,治癒率を向上させ,放射線療法の必要性をなくす戦略を構築することである.

方法

単一群第 2 相前向き研究において,未治療の縦隔原発 B 細胞リンパ腫患者 51 例を対象に,放射線療法を併用せず,用量調節エトポシド/ドキソルビシン/シクロホスファミド/ビンクリスチン/プレドニゾン(prednisone)+リツキシマブ(DA-EPOCH-R)と,フィルグラスチムの注入を行った.別の施設で行われた DA-EPOCH-R の後ろ向き研究の結果を用いて,独立に転帰を確認した.

結果

患者の年齢中央値は 30 歳(19~52 歳)であり,腫瘍径の中央値は 11 cm で,59%が女性であった.
追跡期間中央値 5 年で,無イベント生存率は 93%,全生存率は 97%であった.
別の施設での後ろ向き解析の対象となった 16 例では,追跡期間中央値 3 年での無イベント生存率は 100%で,放射線療法を受けた患者はいなかった.
いずれの患者にも晩期合併症や心毒性作用は認められなかった.
10 ヵ月から 14 年にわたる追跡調査後,DA-EPOCH-R 単独療法を受けた 51 例のうち,2 例(4%)を除く全例が完全寛解にあった.
残りの 2 例は放射線療法を受け,追跡調査の時点で無病であった.

まとめ

縦隔原発 B 細胞リンパ腫の患者に対する DA-EPOCH-R 療法により,放射線療法の必要性がなくなった.

Table and Figure

NewImage NewImage NewImage NewImage

原文

Title:

Backgraound

Primary mediastinal B-cell lymphoma is a distinct subtype of diffuse large-B-cell lymphoma that is closely related to nodular sclerosing Hodgkin’s lymphoma. Patients are usually young and present with large mediastinal masses. There is no standard treatment, but the inadequacy of immunochemotherapy alone has resulted in routine consolidation with mediastinal radiotherapy, which has potentially serious late effects. We aimed to develop a strategy that improves the rate of cure and obviates the need for radiotherapy.

Method

We conducted a single-group, phase 2, prospective study of infusional dose-adjusted etoposide, doxorubicin, and cyclophosphamide with vincristine, prednisone, and rituximab (DA-EPOCH-R) and filgrastim without radiotherapy in 51 patients with untreated primary mediastinal B-cell lymphoma. We used results from a retrospective study of DA-EPOCH-R from another center to independently verify the outcomes.

result

The patients had a median age of 30 years (range, 19 to 52) and a median tumor diameter of 11 cm; 59% were women. During a median of 5 years of follow-up, the event-free survival rate was 93%, and the overall survival rate was 97%. Among the 16 patients who were involved in the retrospective analysis at another center, over a median of 3 years of follow-up, the event-free survival rate was 100%, and no patients received radiotherapy. No late morbidity or cardiac toxic effects were found in any patients. After follow-up ranging from 10 months to 14 years, all but 2 of the 51 patients (4%) who received DA-EPOCH-R alone were in complete remission. The 2 remaining patients received radiotherapy and were disease-free at follow-up.

conclusion

Therapy with DA-EPOCH-R obviated the need for radiotherapy in patients with primary mediastinal B-cell lymphoma. (Funded by the National Cancer Institute; ClinicalTrials.gov number, NCT00001337.)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください