ボルテゾミブ(ベルケイド)とビタミンC.緑茶は一緒に摂取してはダメ.

論文

 

Title(英語):Why bortezomib cannot go with ‘green’?
Title(日本語):ボルテゾミブは緑茶と一緒に摂取してはなぜだめか.
PubMed link:Cancer Biol Med. 2013 Dec;10(4):206-13.

論文読む上での基礎情報

 

ボリテゾミブ(ベルケイド®️)は緑茶やビタミンCと一緒に摂取すると抗腫瘍効果が下がる.

ボロン環を持っているとVitC,カテキンによって抗腫瘍効果が低下する.

Clinical question

 

ボルテゾミブとVitC,緑茶を一緒に摂取するのはよくないという話を聞いた.
論文検索をしてみた.

Key point

 

VitCはボルテゾミブと一緒に内服や点滴するのは危険.
原著論文は下記
Leukemia 2009;23:1679-1686.
NewImage

緑茶に含まれるフラボノイドはボロン酸ベースのプロテアソーム阻害薬の抗がん作用を遮断する.
原著論文は下記
Blood. 2009 Jun 4;113(23):5927-37.

Abstract

 

21世紀において「緑」または「1日に5」を食べることというのはとても重要な健康的なライフスタイルだ.(eat「Five a day」ってどんな意味だよ・・・)
癌と効果的に闘うことを目指して、半数以上の患者が従来の抗癌治療と同時にビタミンやハーブを使用している.
野菜、果物および緑茶に存在するフラボノイドまたはポリフェノールは、抗酸化特性を持つ一般的な植物色素であり、癌予防または抗癌剤として作用すると考えられている.
最近、食事やサプリメントに含まれるいくつかのフラボノイドとビタミンCが抗がん剤であるボルテゾミブと拮抗作用を持つことがわかった.
ボルテゾミブは、プロテアソームに対する特異的な阻害剤であり、現在再発し難治性の多発性骨髄腫の治療に使用されている.
多発性骨髄腫や他の固形腫瘍の治療に成功したにもかかわらず、血液中の白血化した細胞を殺すことはできない.
最近、緑の葉と緑茶に含まれるフラボノイドとビタミンCが、2つの化学物質間の直接の相互作用によってボルテゾミブを中和することができることが明らかにされた.
ここで我々はなぜ化学療法薬としてボルテゾミブを服用している患者において食事中のフラボノイドを避けるべきかを要約した.

Table and Figure

 

NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage

原文

 

Abstract
Eat more ‘green’ or eat ‘five a day’ is one of the most important healthy lifestyle behaviours in the 21 century. Aiming to fight cancer effectively, more than half patients use vitamins or herbs concurrently with conventional anticancer treatment. Flavonoids or polyphenols existing in vegetables, fruits and green tea are common plant pigments with antioxidant properties and considered acting as cancer preventing or anti-cancer agents. Recently it was found that some flavonoids and vitamin C in diet or supplements have antagonistic effect with the anti-cancer drug bortezomib. Bortezomib is a specific inhibitor for proteasome and is currently used for treatment of relapsed and refractory multiple myeloma. Despite its successful rates in treating multiple myeloma and other solid tumors, it is unable to kill leukemic cells in the blood. It was recently revealed that some flavonoids and vitamin C present in green leaves and green teas in the blood can neutralize bortezomib by directly interaction between two chemicals. Here we summarize why dietary flavonoids should be avoided in patients who take bortezomib as chemotherapeutic drug.