急性前骨髄性白血病(APL)の治療方針についてその1

急性前骨髄性白血病についてその1

Treatment of Acute Promyelocytic Leukemia in Adults.
J Oncol Pract. 2018 Nov;14(11):649-657. doi: 10.1200/JOP.18.00328.

その2はこちら(下記リンク)

APLについて

APLは診断から最初の1ヶ月以内にかなりの割合の患者が死亡する.
スゥェーデンのデータでは29%の早期死亡率を示し,これらの患者の35%はATRA療法前に死亡している.(Leukemia 25:1128-1134, 2011)

ATRAの投与が遅れた場合は致命的な出血やDICなどの合併症をひきおこす可能性がある.
また,血小板3万以上,PT-INR 1.5 未満,Fib 100-150を超えるように維持することなどで出血を減らすことができる.
また,VitK欠乏には有意すべきである.

APL の予後因子

(Blood. 2000 Aug 15;96(4):1247-53.)
血小板と白血球数を用いて予後を分析する.

高リスクは WBC 10,000/mLを越える時

低リスクはWBC 10,000以下かつ,血小板 40,000以上

中間リスクはWBC 10,000以下かつ,血小板40,000未満

論文読む上での基礎情報

急性前骨髄性白血病(APL:acute promyelocytic leukemia )の治療はATRA((all-trans-retinoic acid)およびATO(arsenic trioxide)によって急速に発達してきた.
今では細胞毒性化学療法を使わずにAPLを治療することが可能である.
今日の臨床ガイドラインには複数のレジメンがあり,細胞障害性化学療法を使用し続けるものある.

APLについてこの論文では以下の議題をあげた.

  1. 低から中等度リスクのAPLを治療する.
  2. 初回寛解導入療法および地固め療法のATRAの量について
  3. ATRA療法の地固め療法のスケジュールについて
  4. 地固め療法におけるATOの量とスケジュールについて
  5. High risk のAPLの治療について
  6. CNS予防について
  7. 低から中等度リスクのAPLが寛解導入療法中にWBC増えてきたらどうするか.
  8. 予防的コルチコステロイドの使用について
  9. 地固め療法後の維持療法の必要性について

低から中等度リスクのAPLの治療.

結論:細胞障害性化学療法を用いず,ATRAとATO併用で治療する.
(Lancet Oncol 16:1295-1305, 2015)
ATRA+ATOで治療された患者がATRA+化学療法で治療された患者と比べて4年後の再発率は低く,OSに差はなかった.

初回寛解導入療法および地固め療法のATRAの量について

成人におけるAPLの治療を調査した研究では、ATRAを1日当たり45 mg / m^2の用量で、通常2回に分けて投与している.
上記を推奨している.

ATRA療法の地固め療法のスケジュールについて

APL 406 study では4週間ごとに2週間内服を合計7サイクル地固めとして投与.

筆者らはC9710 study for ATRA(N Engl J Med. 2013 Jul 11;369(2))で行われた.2週間飲んで2週間休む,合計7コースというのを推奨している.


しかし,上記の4週間ごとに2週間内服して7サイクルというのも確立された投与法である.と述べている.

地固め療法におけるATOの量とスケジュールについて

(なんかここ英語の誤訳あるかもしれないので,原著読んでみてください.なんか難解だった.)

C9710 study for ATRA(N Engl J Med. 2013 Jul 11;369(2))や(J Clin Oncol 27:504-510, 2009)で行われたように

0.15 mg / kg /dayを週5回点滴を4週継続し,4週間休薬という方法.
あと,英国のThe UK AML 17 study での方法もあるそうだが
筆者らは上記のレジメンを使っている.Total で21mg / kgのATOが入るようにしているとのこと.

BMIが30を超える患者ではATOが高容量投与される危険性があり
理想体重を用いて計算すべきである.

QT延長,肝機能障害,消化器障害,末梢神経障害などを注意する必要がある.

腎機能障害時は36~40%減量することもある.

QTcが400ミリをこえたらATOを中止する.QTc正常化したら50%容量で再開する.

長くなるので今回はここまで,続きは次回.

Abstract

The treatment of acute promyelocytic leukemia (APL) has evolved rapidly in the past two decades after the introduction of highly active drugs, including tretinoin (all- trans-retinoic acid) and arsenic trioxide. It is now possible to treat this disease without the use of traditional cytotoxic chemotherapy. Today’s clinical guidelines include multiple regimens, some of which continue to use cytotoxic chemotherapy. This leaves the practicing oncologist with multiple treatment options when faced with a new case of APL. In an effort to standardize our approach to the treatment of newly diagnosed APL, we sought to develop a set of treatment recommendations at our institution. We identified eight major controversial issues in the treatment of APL. These controversial issues include the optimal dose and schedule of both all- trans-retinoic acid and arsenic trioxide, the optimal regimen for high-risk APL, the need for intrathecal prophylaxis, the use of prophylactic corticosteroids, and the need for maintenance therapy after consolidation. We reviewed the relevant literature and used the Delphi method among the coauthors to reach consensus for recommendations on the basis of the best available data and our own clinical experience. In this clinical review, we present our consensus recommendations, the reasoning behind them, and the grading of the evidence that supports them.

Table and Figure



原文

The treatment of acute promyelocytic leukemia (APL) has evolved rapidly in the past two decades after the introduction of highly active drugs, including tretinoin (all- trans-retinoic acid) and arsenic trioxide. It is now possible to treat this disease without the use of traditional cytotoxic chemotherapy. Today’s clinical guidelines include multiple regimens, some of which continue to use cytotoxic chemotherapy. This leaves the practicing oncologist with multiple treatment options when faced with a new case of APL. In an effort to standardize our approach to the treatment of newly diagnosed APL, we sought to develop a set of treatment recommendations at our institution. We identified eight major controversial issues in the treatment of APL. These controversial issues include the optimal dose and schedule of both all- trans-retinoic acid and arsenic trioxide, the optimal regimen for high-risk APL, the need for intrathecal prophylaxis, the use of prophylactic corticosteroids, and the need for maintenance therapy after consolidation. We reviewed the relevant literature and used the Delphi method among the coauthors to reach consensus for recommendations on the basis of the best available data and our own clinical experience. In this clinical review, we present our consensus recommendations, the reasoning behind them, and the grading of the evidence that supports them.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください