PubMedで便利な検索方法.その3 .Advancedについて PubMed 使い方

PubMedについてのまとめ

PubMed その1 適当に検索してみた.

PubMed その2  Clinical Queries について

PubMed その3 Advanced Searchについて

 

前回の続き

今回は 「Advanced Search」 について

今回のクリニカルクエッションは
「成人のFN患者においてCFPM(セフェピム®︎)とCZOP(ファーストシン®︎)に違いはあるのか?」
という疑問を持ったとして

これについてPubMedの便利な検索方法を紹介していく.

前回はClinical Queriesについて紹介した.

Advanced Search

Advanced Search について

Advanced Searchは検索したらなんかいっぱいでてきた〜って時に便利.

多くの論文が引っかかってどれを読めばいいかよくわからない時.)

非常に便利なので,ぜひ,使って欲しい.

僕個人的にはこればっかり使ってます.
Clinical Queriesとの比率は7:3ぐらい.

ちょーおすすめなので使って欲しい.

貼り付けた画像 2018 11 05 17 06

この小さいやつがマジで便利.

もう一度出すと
Home PubMed NCBI

そうするとこういう画面がでてくる

NewImage

ここに検索ワードをいれていくわけだが
便利なのが

Advanced search PubMed NCBI NewImage

「and」 「or」 「not」 がいれられてマジ卍っていう感じなのである.

そのうえ,便利なのが,

Advanced search PubMed NCBI ssa 貼り付けた画像 2018 11 05 17 14

PubMed使っててよく思うことがAbstract読んでから
あんまり検索ワードとかんけーねーじゃん.ってことを思ったことがみんなあると思うんだけど
このTitleとAbstractで絞るとそういうことがないのでおすすめ!

そのうえ,「Child」「Pediatrics」などを「not」検索で除外できるのがもう,最高ですね!

ここまでのまとめ

Advanced searchは色々便利.

  1. and , or , not などが非常にいれやすい.
  2. とりあえず,論文が多いなと思ったら Title/Abstractで絞れば有用なのが出やすい.

 

使ってみる.

というわけで,Advanced Searchを使うとこんな感じ.

NewImage

こういう検索をかける.

NewImage

そうするとこういう2件が引っかかる.

よくPubMedで検索をかける時に(and),(or),(not)とかを使えと指導されるけど
Advanced を使えばクリックでできるので結構便利である.

ぜひ使ってみてください.

まとめ

略語は使わない.

  • Advanced search と Clinical Queriesは便利.
  • 特にSystematic review や総説を読みたいときはClinical Queriesを使うべし
  • 論文数が多いときはAdvanced searchで絞ると便利

 

次はRSSの登録についてやっていきます.次回は未定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください