肺アスペルギルス症に用いる抗真菌薬は? ボリコナゾール vs アムホテリシンB

NewImage

肺アスペルギルス症に対して1 St チョイスはボリコナゾールである.
その比較試験の原著論文を読んでみた.

論文

肺アスペルギルス症に対して VRCZ vs AMPH-Bを比較した試験
N Engl J Med. 2002 Aug 8;347(6):408-15.

Clinical question

侵襲性肺アスペルギルス症の人を担当した.
せっかくなので原著論文を読んでみた.

Key point

結論はボリコナゾール(VRCZ)を第一選択薬として使うべきである.
そして,この試験ではVRCZに関しては点滴でいっている.

  • 12週時点の効果判定はVRCZ群で優れていた.
    12週目にボリコナゾール群の患者の52.8%(CRは20.8%、PRは31.9%)およびアンホテリシンB群の31.6%(CRは16.5%で、PR 15.0%、absolute difference, 21.2 percentage points; 95 percent confidence interval, 10.4 to 32.9)であった.

 

  • 12週時点の生存率が有意差をもってVRCZ群が優れていた.
    ボリコナゾール群で70.8%、アンフォテリシンB群で57.9%((hazard ratio, 0.59; 95 percent confidence interval, 0.40 to 0.88)
    NewImage
  • 有害事象はVECZ群で少なかった.
    VRCZでは肝機能障害(7例)
    AMPH-Bでは腎機能障害(19例),低K血症(6例)が認められた.

Abstract

背景

ボリコナゾールは、アスペルギルス種(aspergillus species)に対して活性である広域スペクトルのトリアゾールである。
我々は、侵襲性アスペルギルス症(IA:invasive aspergillosis)の一次治療(primary therapy)のために、ボリコナゾールとアムホテリシンBとを比較するランダム化試験を行った.

方法

この無作為化無盲検試験では、ボリコナゾールの静脈内投与(第1日に体重1kgあたり6mgの2回投与、その後少なくとも7日間は1日2回 4mgを投与), その後1日2回200mg経口または静脈注射でアムホテリシンBを投与した.(1~1.5mg /kg / day).
最初の治療が失敗した場合、または患者が最初に使用された薬物に対して不耐性を有する場合、他の認可された抗真菌治療は認められた.
完全(CR)または部分的な反応(PR)は治療に成功した(Successful outcome)とした.

結果

アスペルギルス症が確定または疑われている患者でボリコナゾール群の144人の患者およびアンフォテリシンB群の133人の患者に対して投与した.少なくとも1回は治療が行われた.
大部分の患者において、基礎疾患は、同種造血細胞移植後、急性白血病または他の血液疾患であった.

12週目にボリコナゾール群の患者の52.8%(CRは20.8%、PRは31.9%)およびアンホテリシンB群の31.6%(CRは16.5%で、PR 15.0%、absolute difference, 21.2 percentage points; 95 percent confidence interval, 10.4 to 32.9)であった.

12週間の生存率は、ボリコナゾール群で70.8%、アンフォテリシンB群で57.9%((hazard ratio, 0.59; 95 percent confidence interval, 0.40 to 0.88)であった.
ボリコナゾール投与患者では重篤な薬物関連有害事象は有意に少なかったが、
一過性の視覚障害はボリコナゾール(44.8%の患者に発生)と同じであった.

まとめ

侵襲性アスペルギルス症の患者では、ボリコナゾールの初期治療は、アムホテリシンBによる初期治療の標準的アプローチよりも良好な応答および改善された生存率をもたらし、重篤な副作用がより少なかった

Table and Figure

NewImage

 

NewImage

 

NewImage

 

NewImage

 

NewImage

 

NewImage

 

原文

ABSTRACT

Background

Voriconazole is a broad-spectrum triazole that is active against aspergillus species. We conducted a randomized trial to compare voriconazole with amphotericin B for primary therapy of invasive aspergillosis.

Methods In this randomized, unblinded trial, patients received either intravenous voriconazole (two doses of 6 mg per kilogram of body weight on day 1, then 4 mg per kilogram twice daily for at least seven days) followed by 200 mg orally twice daily or intravenous amphotericin B deoxycholate (1 to 1.5 mg per kilogram per day). Other licensed antifungal treatments were allowed if the initial therapy failed or if the patient had an intolerance to the first drug used. A complete or partial response was considered to be a successful outcome.

Results A total of 144 patients in the voriconazole group and 133 patients in the amphotericin B group with definite or probable aspergillosis received at least one dose of treatment. In most of the patients, the underlying condition was allogeneic hematopoietic-cell transplantation, acute leukemia, or other hematologic diseases. At week 12, there were successful outcomes in 52.8 percent of the patients in the voriconazole group (complete responses in 20.8 percent and partial responses in 31.9 percent) and 31.6 percent of those in the amphotericin B group (complete responses in 16.5 percent and partial responses in 15.0 percent; absolute difference, 21.2 percentage points; 95 percent confidence interval, 10.4 to 32.9). The survival rate at 12 weeks was 70.8 percent in the voriconazole group and 57.9 percent in the amphotericin B group (hazard ratio, 0.59; 95 percent confidence interval, 0.40 to 0.88). Voriconazole-treated patients had significantly fewer severe drug-related adverse events, but transient visual disturbances were common with voriconazole (occurring in 44.8 percent of patients).

Conclusions In patients with invasive aspergillosis, initial therapy with voriconazole led to better responses and improved survival and resulted in fewer severe side effects than the standard approach of initial therapy with amphotericin B. (N Engl J Med 2002;347: 408-15.)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください