CVはどこにいれるのがいいのか? 内頸?鎖骨下?大腿? 中心静脈カテーテルの挿入部位別血管内合併症

NewImage

3SITES multicenter study

CV挿入時の血小板数はいくつあればいいのか?

CV挿入時に推奨される血小板数

CV挿入時に推奨される血小板数2

論文

Intravascular Complications of Central Venous Catheterization by Insertion Site
N Engl J Med. 2015 Sep 24;373(13):1220-9.
挿入部位による中心静脈カテーテルの血管内合併症について

Clinical question

CVを最近よくいれる.
我が大学の意識の高い学生が疑問をもって質問してきた.
この論文を紹介したので,全国の医学生のレポートの足しになればと思い
ブログにのせることにした.

ガイドラインを引用したレポートを必死に書くなら,ポリクリの疑問を文献検索して読んでみたほうが
プロのポリクリストみたいで素敵だなと最近思う.

Key point

鎖骨下静脈は感染症は内頸静脈と大腿静脈に比べて少ない.
しかし,気胸を含む機械的合併症は少ない.

ここで,注目したのは,中央値5日間の使用であれば
内頸静脈と大腿静脈において感染のリスクにそこまで差がなかった.(1.2% vs 1.4%)

NewImage

結論として,必要であればどこいれてもいいのかなと思った.

補足

対象はICU入室中の患者.
カテーテル使用の中央値は5日間.

Limitation

カテーテル挿入中の超音波の使用は無作為化されなかった.
消毒液の内容によっては異なる結果となることが考えられる.

Abstract

背景

中心静脈カテーテルを挿入するために3つの解剖学的部位が一般的に使用されるが、各部位への挿入は重大な合併症の可能性を有する。

方法

この多施設共同研究では、成人の集中治療室(ICU)の患者の非静脈内中心静脈カテーテルを鎖骨下静脈、内頸静脈または大腿静脈にランダムに割り当てた.3つの挿入部位がすべて適切であれば1:1:1の比で割り当てた.と2つの部位が適切であれば1:1の比率で割り当てた.(おそらく腹部外傷などで大腿静脈が不適切な場合だろう.)
Primary outcomeは、カテーテル関連血流感染と症候性深部静脈血栓症のがっぺとした.

結果

合計3471のカテーテルが3027人の患者に挿入された.
3 選択肢の比較では,主要評価項目イベントは,鎖骨下静脈群で 8 件,内頸静脈群で 20 件,大腿静脈群で 22 件認められた(1,000 カテーテル/日あたりそれぞれ 1.5,3.6,4.6,P=0.02).
1対1の比較では、主要評価項目リスクは,大腿静脈群のほうが鎖骨下静脈群よりも有意に高く(ハザード比 3.5,95%信頼区間 [CI] 1.5~7.8,P=0.003),内頸静脈群も鎖骨下静脈群より有意に高かったが(ハザード比 2.1,95% CI 1.0~4.3,P=0.04),大腿静脈群と内頸静脈群のリスクは同程度であった(ハザード比 1.3,95% CI 0.8~2.1,P=0.30).
3 選択肢比較では,胸腔チューブ挿入を必要とする気胸が鎖骨下静脈群で 13 件(1.5%),内頸静脈群で 4 件(0.5%)発生した.

まとめ

この試験では、鎖骨下静脈カテーテルは、内頸静脈または大腿静脈カテーテル法よりも血流感染および症候性血栓症のリスクが低いが,気胸リスクが高いことが関連していました.

Table and Figure

NewImage NewImage NewImage NewImage NewImage

原文

BACKGROUND

Three anatomical sites are commonly used to insert central venous catheters, but insertion at each site has the potential for major complications.

METHODS

In this multicenter trial, we randomly assigned nontunneled central venous catheterization in patients in the adult intensive care unit (ICU) to the subclavian, jugular, or femoral vein (in a 1:1:1 ratio if all three insertion sites were suitable [threechoice scheme] and in a 1:1 ratio if two sites were suitable [two-choice scheme]). The primary outcome measure was a composite of catheter-related bloodstream infection and symptomatic deep-vein thrombosis.

RESULTS

A total of 3471 catheters were inserted in 3027 patients. In the three-choice comparison, there were 8, 20, and 22 primary outcome events in the subclavian, jugular, and femoral groups, respectively (1.5, 3.6, and 4.6 per 1000 catheter-days; P = 0.02). In pairwise comparisons, the risk of the primary outcome was significantly higher in the femoral group than in the subclavian group (hazard ratio, 3.5; 95% confidence interval [CI], 1.5 to 7.8; P = 0.003) and in the jugular group than in the subclavian group (hazard ratio, 2.1; 95% CI, 1.0 to 4.3; P = 0.04), whereas the risk in the femoral group was similar to that in the jugular group (hazard ratio, 1.3; 95% CI, 0.8 to 2.1; P = 0.30). In the three-choice comparison, pneumothorax requiring chest-tube insertion occurred in association with 13 (1.5%) of the subclavian-vein insertions and 4 (0.5%) of the jugular-vein insertions.

CONCLUSIONS

In this trial, subclavian-vein catheterization was associated with a lower risk of bloodstream infection and symptomatic thrombosis and a higher risk of pneumothorax than jugular-vein or femoral-vein catheterization. (Funded by the Hospital Program for Clinical Research, French Ministry of Health; ClinicalTrials.gov number, NCT01479153.)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください