血液培養陽性化までの時間で真の菌血症かコンタミかを区別する

論文

Diagnosis of bacteraemia and growth times
Int J Infect Dis. 2015 Dec;41:6-10.

Clinical question

血液培養はどれくらいまでに陽性になったら真の菌血症といっていいのか.
菌によって異なるのか.

Key point

コンタミネーション(コンタミ)と判断された血液培養の陽性までの時間が20.6時間であったのに対して
真の菌血症では12.7時間であった((p <0.001))

14.7時間を超えて陽性となった場合は,感度90.5%,特異度63.4%でコンタミ
12時間以内に血液培養が陽性となった場合感度45.3%,特異度95%で真の菌血症.

また,各菌種ごとの培養時間は下記図のとおりである.
NewImage

さらに,1週間前に抗菌薬を投与されていると培養陽性までの時間は長くなる.(中央値 14.16時間)

Abstract

目的:
この研究の目的は、自動化されたBacT / Alertシステムが微生物の増殖を継続的に検出する時間の関数として、細菌性血症の診断を予測することである.

メソッド:
2011年1月から2013年6月の間に陽性の血液培養を有する1334人の患者のデータベースの後ろ向き研究を行った.
最終的な血液培養結果および患者の病歴とともに、それが真の細菌血症またはコンタミを表しているかどうかを評価するために増殖を分析した.
血液培養の各セットにおける細菌増殖の最も早期の検出時間を、盲検法で分析した。

結果:
合計で、590が真の菌血症,744がコンタミであった.
菌血症群では、平均成長時間は12.72時間(interquartile range(IQR)10.08-17.58時間)であった.
コンタミの血液培養群では、中央値は20.6時間(IQR 17.04-32.16時間)(p <0.001)であった.
ROC曲線(曲線下の面積 0.80, 95%信頼区間0.771-0.826)を分析したところ、コンタミの90%が14.7時間後に増加した(感度90.5%、特異度63.4%、(PPV )65.9%、(NPV)90.7%).
菌血症の原因菌の45%が12時間未満で生育した(感度45.3%、特異度95%、PPV 87.8%、NPV 68.7%).
Candida spおよびBacteroides spのような細菌は、他の細菌よりも有意に長い中央生育時間を示した.
菌血症の1週間前に抗生物質を投与すると、細菌の増殖時間が遅れることがわかった(p <0.001).

結論:細菌の増殖を検出する時間を知ることは、真菌血症とコンタミとを区別するのに役立ち、細菌同定が確定する前に、より適切な臨床決定を下すことができる.

Table and Figure

NewImage
NewImage
NewImage
NewImage

原文

Objective:
The objective of this study was to predict the diagnosis of bacteraemia as a function of the time at which the automated BacT/Alert system continuously detects microorganism growth.

Methods:
A retrospective study of a database of 1334 patients with a positive blood culture between January 2011 and June 2013 was conducted. Together with the final blood culture results and the patient’s history, growth was then analysed to assess whether it represented true bacteraemia or bacterial contamination. The earliest detection times of bacterial growth in each batch of blood cultures were analysed in a blinded fashion after classification.

Results:
In total, 590 batches of blood cultures corresponded to true bacteraemia and 744 to bacterial contamination. In the bacteraemia group, the median growth time was 12.72 h (interquartile range (IQR)10.08–17.58 h). In the contaminated blood culture group, the median growth time was 20.6 h (IQR17.04–32.16 h) (p < 0.001). Analysis of the receiver operating characteristics (ROC) curve (area under the curve 0.80, 95% confidence interval 0.771–0.826) showed that 90% of the contaminants grew after 14.7 h (sensitivity 90.5%, specificity 63.4%, positive predictive value (PPV) 65.9%, negative predictive value (NPV) 90.7%). Forty-five percent of the bacteraemia organisms grew in under 12 h (sensitivity 45.3%, specificity 95%, PPV 87.8%, NPV 68.7%). Microorganisms such as Candida sp and Bacteroides sp presented median growth times significantly longer than those of the other microorganisms. The administration of antibiotics in the week prior to bacteraemia was found to delay the growth time of microorganisms (p < 0.001).

Conclusions: Knowing the time to detection of microorganism growth can help to distinguish between true bacteraemia and bacterial contamination, thus allowing more timely clinical decisions to be made, before definitive microorganism identification.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください