いつ血液培養をとればいいのか?悪寒と悪寒戦慄について

論文

The degree of chills for risk of bacteremia in acute febrile illness
The American Journal of Medicine (2005) 118, 1417.e1-1417.e6

2005 Dec;118(12):1417.

Clinical question

悪寒戦慄があるときと寒気があるときの菌血症のリスクについて

Key point

mild chills(軽度の悪寒)を、上着が必要と感じる程度の寒さと定義した.
moderate chills(中等度の悪寒)厚い毛布の必要と定義した.
shaking chills(悪寒戦慄)厚い毛布の下でも震えることち定義した.

悪寒のない患者と比較すると、菌血症のリスク比は、shaking chillsでは12.1(95%CI間隔4.1-36.2)、moderate chillsでは4.1(95%CI 1.6-10.7) -3.3),mild chillsでは,1.8 (95% CI 0.9-3.3)
shaking chillsは、特異度 90.3%(95%CI 89.2-91.5),4.65(95%CI 2.95-6.86)の陽性尤度比を示した.
悪寒がないことは感度 87.5%(95%CI 74.4-94.5)と0.24(95%CI 0.11-0.51)の陰性尤度比を示した。

NewImage

Abstract

目的

急性発熱疾患の患者は、異なる程度の悪寒を経験することがある。
急性発熱症の患者の菌血症リスクを予測するうえでのさまざまな悪寒を評価するため、我々は単一施設の前向き観察研究を行った。

方法

急性発熱疾患を有する成人患者を救急部に紹介した。
私たちは、mild chills(軽度の悪寒)を、上着が必要と感じる程度の寒さ
moderate chills(中等度の悪寒)厚い毛布の必要と定義しました.
shaking chills(悪寒戦慄)厚い毛布の下でも震えることち定義した.
私たちは、多変数調整ポアソン回帰を用いて、菌血症の様々な悪寒度のリスク比を推定しました。

結果

結果:合計526人の患者のうち、40人の患者(7.6%)が菌血症を有していた。shaking chills65人(12.4%)moderate chills100人(19%)、mild chills105人(20%)でした。
悪寒のない患者と比較すると、菌血症のリスク比は、shaking chillsでは12.1(95%CI間隔4.1-36.2)、moderate chillsでは4.1(95%CI 1.6-10.7) -3.3),mild chillsでは,1.8 (95% CI 0.9-3.3)
shaking chillsは、特異度 90.3%(95%CI 89.2-91.5),4.65(95%CI 2.95-6.86)の陽性尤度比を示した.
悪寒がないことは感度 87.5%(95%CI 74.4-94.5)と0.24(95%CI 0.11-0.51)の陰性尤度比を示した。

まとめ

急性発熱症患者の菌血症リスクの推定には、寒気の程度の評価が重要である。より深刻な悪寒の程度は、菌血症のリスクが高いことを示唆している。

Table and Figure

NewImage
NewImage
NewImage
NewImage

原文

ABSTRACT

PURPOSE: Patients with acute febrile illness may experience different degrees of chills. To evaluate the different degrees of chills in predicting risk of bacteremia in patients with acute febrile illness, we performed a single-center prospective observational study.

METHODS: We enrolled consecutive adult patients with acute febrile illness presenting to our emergency department. We defined mild chills as cold-feeling equivalent such as the need of an outer jacket; moderate chills as the need for a thick blanket; and shaking chills as whole-body shaking even under a thick blanket. We estimated risk ratios of the different degrees of chills for bacteremia using multivariable adjusted Poisson regression.

RESULTS: Of a total 526 patients, 40 patients (7.6%) had bacteremia. There were 65 patients (12.4%) with shaking chills, 100 (19%) with moderate chills, and 105 (20%) with mild chills. By comparing patients with no chills, the risk ratios of bacteremia were 12.1 (95% confidence interval [CI] 4.1-36.2) for shaking chills, 4.1 (95% CI 1.6-10.7) for moderate chills, and 1.8 (95% CI 0.9-3.3) for mild chills. Shaking chills showed a specificity of 90.3% (95% CI 89.2-91.5) and positive likelihood ratio of 4.65 (95% CI 2.95-6.86). The absence of chills showed a sensitivity of 87.5% (95% CI 74.4-94.5) and negative likelihood ratio of 0.24 (95% CI 0.11-0.51).

CONCLUSION: Evaluation of the degree of chills is important for estimating risk of bacteremia in patients with acute febrile illness. The more severe degree of chills suggests the higher risk of bacteremia.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください