菌血症の診断と死亡率の影響について

論文

Clinical diagnostic accuracy of suspected sources of bacteremia and its effect on mortality
European Journal of Internal Medicine 24 (2013) 541–545

Clinical question

菌血症を血液培養にて菌血症と診断すると予後は改善するのか.

Key point

菌血症において細菌を同定することに対する論文
菌血症の診断には①血液培養で菌が検出され,②臓器からの検体で同様の菌が特定された時に臓器由来が特定された.

培養をきちんととって,菌を推定することは大切.
また,感染臓器を特定することでより菌が推定され,適切な抗菌薬が選択できる.

Abstract

方法:これは、マドリードの総合病院での2年間の菌血症エピソードの後ろ向き研究です。臨床的に推定されたものと無限のものとの合同分析、獲得、原因生物、経験的治療および死への進行が行われた。

結果:試験には323件の菌血症エピソードが含まれていた。医師の診断精度は、消化管(88.8%; 95%CI:79%~84%)、呼吸器(93.9%、95%CI:79%-99%)および尿路源(83.6%; 95%CI:皮膚および軟部組織(77.2%; 95%CI:54%-92%)および特に血管内供給源(56%; 95%CI:39%〜71%)においてより低い。

全体的に、間違って疑われる菌血症源群では、死亡率の有意な増加(3.45%; 95%CI:-0.6%-13.5%、p = 0.47)が観察された。

血管内起源が疑われない場合、死亡率が26%増加した(95%CI:1%-52%、p = 0.03)場合、死因に関連する死亡率は有意に高かった。微生物菌が胃腸管、尿路、呼吸器、皮膚および軟部組織であるか不明である場合には、間違った発生源の仮定に関連する死亡率の差は重要ではありませんでした。

適切な経験的抗菌治療を受けているグループの死亡率は、不適切な経験的抗菌治療を受けたグループの死亡率19.7%(OR 2; 95%CI:1.01-4.25)と比較して10.6%であった。結論:菌血症源の診断精度は、血管内以外のすべての要因で高い。非疑わしい血管内供給源および不適切な経験的治療は、より高い死亡率に関連する。

背景

背景:菌血症については多くの論文があるが,
微生物学的結果がなくても菌血症源の臨床的診断精度の証拠および死亡率に対する診断精度の影響に関する文献は少ない。

方法

マドリードの総合病院での2年間の菌血症エピソードの後ろ向き研究
臨床的に菌血症と推定された症例,感染臓器,初期治療と死亡率について解析をした.

結果

試験には323件の菌血症エピソードが含まれていた。
医師の診断精度は、消化管(88.8%; 95%CI:79%~84%)、呼吸器(93.9%、95%CI:79%-99%)および尿路(83.6%; 95% CI: 75%–89%)で高かった.
対して,皮膚および軟部組織(77.2%; 95%CI:54%-92%)で低く,特に血液感染(56%; 95%CI:39%〜71%)で低かった.

菌血症と正確に診断できなかった群では死亡率の優位な増加を認めた.(3.45%; 95% CI: −0.6%–13.5%, p = 0.47)

血液感染を疑わなかった場合死亡率は26%増加した.(95%CI:1%-52%、p = 0.03)

感染源が胃腸管、尿路、呼吸器、皮膚および軟部組織であるか不明である場合には、間違った発生源の仮定に関連する死亡率の差は認められなかった.

適切な経験的抗菌治療を受けているグループの死亡率は、不適切な経験的抗菌治療を受けたグループの死亡率19.7%(OR 2; 95%CI:1.01-4.25)と比較して10.6%であった.

まとめ

結論:菌血症源の診断精度は、血液感染以外のすべての要因で高い.
菌血症を想起しないこと,および不適切な経験的治療は、より高い死亡率に関連する.

英単語

accuracy:正確さ
scarce:希少
causative:原因
notably:特に

Table and Figure

NewImage NewImage NewImage NewImage NewImage

原文

a b s t r a c t

Background: Although much has been written about bacteremia, evidence of the clinical diagnostic accuracy of bacteremia sources in the absence of microbiological results and the impact of diagnostic accuracy on mortality is scarce.

Methods: This is a retrospective study of bacteremia episodes over a 2-year period at a general hospital in Madrid. Congruence analyses between clinically presumed and definite sources, acquisition, causative organism, empirical treatment and progression to death were performed.

Results: The study included 323 bacteremia episodes. Clinicians’ diagnostic accuracy was higher for gastrointestinal (88.8%; 95% CI: 79%–84%), respiratory (93.9%; 95% CI: 79%–99%) and urinary tract sources (83.6%; 95% CI: 75%–89%) and lower for skin and soft tissues (77.2%; 95% CI: 54%–92%) and, notably, intravascular sources (56%; 95% CI: 39%–71%).

Overall, a non-significant (3.45%; 95% CI: −0.6%–13.5%, p = 0.47) increase in mortality was observed in the incorrectly suspected bacteremia source group.

Mortality related to a definitive source was significantly higher when an intravascular origin was not suspected, resulting in a 26% increase in mortality (95% CI: 1%–52%, p = 0.03). Differences in mortality related to inaccurate source assumptions were non-significant when the definitive bacteremia sources were gastrointestinal, urinary, respiratory, skin and soft tissues or unknown.

Mortality in the group receiving appropriate empirical antimicrobial treatment was 10.6% compared with 19.7% mortality in the group receiving inappropriate empirical antimicrobial treatment (OR 2; 95% CI: 1.01–4.25). Conclusions: The diagnostic accuracy of bacteremia sources is high in all but intravascular sources. A non-suspected intravascular source and inappropriate empirical treatment are related to a higher mortality.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください