再発/難治性多発性骨髄腫におけるカルフィルゾミブの心血管イベントの評価

論文

Blood Advances 2018 2:1633-1644
Analysis of carfilzomib cardiovascular safety profile across relapsed and/or refractory multiple myeloma clinical trials

Clinical question

カルフィルゾミブを含むレジメンは本当に心血管イベントによる死亡率を高めるのか?

Key point

CV(cardiovascular)イベントの発生率の増加にもかかわらず、カルフィルゾミブによるCV AE(CV adverse events)の相対リスクは低く管理が容易である。 致死的有害事象のリスクは上昇しない。

Carfilzomibベースのレジメンは、RRMM(relapsed and/or refractory multiple myeloma)において有利なリスクプロファイルを有する。 CVリスクの監視/管理が推奨される。

• Despite increased in- cidence of CV events, relative risk of CV AEs with carfilzomib is low and manageable; risk of fatal AEs is not elevated.
• Carfilzomib-based regi- mens have a favorable benefit-risk profile in RRMM; monitoring/ management of CV risk is recommended.

Abstract

カルフィルゾミブは、再発性および/または難治性多発性骨髄腫(RRMM)の治療のために承認された選択的プロテアソーム阻害剤である.
全生存期間(OS)を含む有意に改善された結果を示し、レナリドミド+デキサメタゾン(Rd療法)およびボルテゾミブ+デキサメタゾン(Bd)の標準治療との優位性を示しました。カルフィルゾミブ治療による心血管イベント(CV)の発生率は、試験間で変化した.
この分析では、CV有害事象(AE)の発生率を記述するためにカルフィルゾミブに暴露された> 2000 RRMM患者のフェーズ1~3の試験を評価した.
さらに、第3相試験のcarfilzomib群に登録された> 1000人の患者の個々のCV安全性データを、対照群と比較して、carfilzomibの有益性リスクプロファイルを評価した.
カルフィルゾミブ試験全体のデータをプールすると、高血圧(5.9%)、呼吸困難(4.5%)、心不全(4.4%)がCV AE(grade 3以上)に認められた。カルフィルゾミブを投与された患者は、心不全、呼吸困難、高血圧のいずれかのグレードおよびグレードの発生率が数値的に上昇したが、これらの心臓事象による中止または死亡の頻度は低く、カルミゾミブと対照群とで同等であった.
盲検の心臓副作用での連続心エコー検査は、カルフィルゾミブおよび対照群における心機能不全の客観的証拠を示さなかった。さらに、カルフィルゾミブは、心臓再分極に有意な影響を及ぼさなかった.
OSの利点を含む我々の結果は、進行性または死亡の減少の点でカルフィゾミブ治療の利点が、ほとんどの患者において心不全または高血圧を発症するリスクを上回ることを示した。高齢患者および根底にある危険因子を有する患者には、適切なカルフィルゾーム投与およびリスクファクター管理が推奨される。

Table and Figure

NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage

原文

Carfilzomib is a selective proteasome inhibitor approved for the treatment of relapsed and/or refractory multiple myeloma (RRMM). It has significantly improved outcomes, including overall survival (OS), and shown superiority vs standard treatment with lenalidomide plus dexamethasone and bortezomib plus dexamethasone. The incidence rate of cardiovascular (CV) events with carfilzomib treatment has varied across trials. This analysis evaluated phase 1-3 trials with .2000 RRMM patients exposed to carfilzomib to describe the incidence of CV adverse events (AEs). In addition, the individual CV safety data of .1000 patients enrolled in the carfilzomib arm of phase 3 studies were compared with the control arms to assess the benefit-risk profile of carfilzomib. Pooling data across carfilzomib trials, the CV AEs (grade $3) noted included hypertension (5.9%), dyspnea (4.5%), and cardiac failure (4.4%). Although patients receiving carfilzomib had a numeric increase in the rates of any-grade and grade $3 cardiac failure, dyspnea, and hypertension, the frequency of discontinuation or death due to these cardiac events was low and comparable between
the carfilzomib and control arms. Serial echocardiography in a blinded cardiac substudy showed no objective evidence of cardiac dysfunction in the carfilzomib and control arms. Moreover, carfilzomib had no significant effect on cardiac repolarization. Our results, including the OS benefit, showed that the benefit of carfilzomib treatment in terms of reducing progression or death outweighed the risk for developing cardiac failure or hypertension in most patients. Appropriate carfilzomib administration and risk factor management are recommended for elderly patients and patients with underlying risk factors.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください