同種造血幹細胞移植後のCIPSの臨床的特徴

同種造血幹細胞移植後のCIPSの臨床的特徴

Clinical question

CIPSその3

題名

Bone Marrow Transplant. 2012 Apr;47(4):593-5.

Clinical features of calcineurin inhibitor-induced pain syndrome after allo-SCT.

同種造血幹細胞移植後のCIPSの臨床的特徴

内容

カルシニューリン阻害剤誘発性疼痛症候群(CIPS)は、CsA(シクロスポリン)およびタクロリムス(FK)などのカルシニューリン阻害剤(CI)の稀ではあるが重篤な副作用である。この症候群は、重度の不能な両側性の脚の痛みおよび皮膚発疹のない耐え難い皮膚の掻痒を特徴とする。骨のシンチグラフィーは、関節および骨の取り込みの増加を示し、足裏で強調される。

この症候群は当初、臓器移植で認識され、造血幹細胞移植(HSCT)後の患者でも報告されています。しかしながら、HSCTにおけるCIPSの臨床的側面は依然として不明である。したがって、HSCT後のCIPSを発症した患者の記録を遡及的にレビューした。

2003年9月から2010年12月までに、560例の患者が同種異系HSCTを受診した。このうち、10名(1.8%;男性5名、女性5名)がCIPSを発症した。患者の特徴を表1に要約する。中央値年齢は32歳(18-59歳の範囲)であった。 2人の患者が2回目の移植後にCIPSを発症した(症例1,7)。 CIは、CsAについては1日3mg / kg、FKについては1日0.02-0.03mg / kgの用量で最初に連続注入として1日目から投与され、CIの用量は200〜 CsAについては300ng / mL、FKについては10-15ng / mLであった。 CIPSは、下肢の両側の重度の不能な痛みまたは皮膚発疹のない耐え難い抗ヒスタミン剤性の皮膚掻痒の一方または両方によって主に診断された。一部の患者では、特異的診断のために骨シンチグラフィーを行った。

GVHD予防のために、4人の患者がCsAを受け、5人がFKを受けた。 1例の患者(症例5)はCsAを最初に受けたが、HSCT後17日目の腸内急性GVHDのためにFKに切り替えられた。 開始CIからのCIPSの中央値は17日(3〜889日の範囲)であった。 CI投与後30日以内に8人の患者がCIPSを発症したが、300日後に2人がCIPSを発症した。 CIのトラフレベルに関しては、2人の患者が下にあり、3人が内にあり、4人が目標の範囲を超えていた。 急性GVHDは5人の患者で観察されたが、2人だけが全身ステロイド治療を受けた。 骨シンチグラフィーは4人の患者で行われ、すべてが脚の痛みに苦しんでおり、3人の患者(75%)が骨の摂取の増加を示した。 注目すべきは、2人の患者において痛みのない領域(症例3および5;図1)においても、骨吸収の増加が見られたことである。

GVHD予防のために、4人の患者がCsAを受け、5人がFKを受けた。 1例の患者(症例5)はCsAを最初に受けたが、HSCT後17日目の腸内急性GVHDのためにFKに切り替えられた。 開始CIからのCIPSの中央値は17日(3〜889日の範囲)であった。

CI投与後30日以内に8人の患者がCIPSを発症したが、300日後に2人がCIPSを発症した。

CIのトラフレベルに関しては、2人の患者が下にあり、3人が内にあり、4人が目標の範囲を超えていた。

急性GVHDは5人の患者で観察されたが、2人だけが全身ステロイド治療を受けた。 骨シンチグラフィーは4人の患者で行われ、すべてが脚の痛みに苦しんでおり、3人の患者(75%)が骨の摂取の増加を示した。 注目すべきは、2人の患者において痛みのない領域(症例3および5;図1)においても、骨吸収の増加が見られたことである。

論文の要約

これらの結果は、HSCTにおけるCIPSが、主にCIの投与の初期段階で起こり、トラフレベルおよびCIのタイプに関係なく発現することができることを示す。対照的に、CIPSはしばしば固形臓器移植の後期(X6週)に起こる。 1この不一致の理由は不明です。

発症の中央値は17日(3〜889日で遅発性の発症のアリエル)

CIの血中トラフ濃度に関わらず発症している.

固形臓器移植に比べて造血器の移植は早期に発症している.

発症率は1.8%である.

【Table and figure】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください