サムスカのレスポンダー症例を見極めるクライテリア

サムスカ使用にあたっての新しいクライテリア(レスポンダーと考えられる症例は?)

論文

Circ J. 2013;77(2):397-404. Epub 2012 Nov 3.
Novel criteria of urine osmolality effectively predict response to tolvaptan in decompensated heart failure patients–association between non-responders and chronic kidney disease.

Clinical question

サムスカのレスポンダーを決めるのに U-OSM を測定すべしと人生の師から教わってきたが,その理由がわかった.
師がサムスカをいれる症例を選んでいたのはこーいう理由だったのかと,思い知ったのでup

Key point

NewImage

以下の2つを満たすときサムスカのレスポンダーである可能性が高い
① U-OSM >352 mOsm/L
②サムスカ投与から4-6時間後ベースからU-OSMが26%以上低下

Abstract

背景

新たに開発されたバソプレシン2型受容体アンタゴニストであるトルバプタン(サムスカ®️)(TLV)は、利尿の独特の特徴を有するが、この薬物に対する応答は予測不可能である.(どのような症例がレスポンダーかは不明である.)

方法と結果

TLVを3.75~15mg /日(n = 61)投与した非代償性うっ血性心不全の入院患者からデータを収集した.
最初の日にTLV治療後24時間以内に尿量(UV)が増加または減少するとことを基準とし,TLVに対する応答者/非応答者が決定された.
UV(尿量)の増加に対するロジスティック回帰分析が実施され、レスポンダーの独立した予測因子は以下の通りであった:C1、ベースライン尿浸透圧(U-OSM)> 352mOsm / L; TLV投与後4-6時間でU-OSMが> 26%減少 である.
C1およびC2からなる基準は、ROC曲線(曲線下の面積= 0.960)によって応答者にとって良好な予測可能性を有していた.
非応答者の腎臓はもはや希釈能力を有さず(4-6時間での%減少= 2.7±14.6%*),濃縮能ほとんど維持されなかった(ベースラインのU-OSM = 296.4±68.7 * mOsm / L )であり、推定糸球体濾過率(eGFR)(35.5±29.4ml・min-1・1.73m-2 *)が著しく低下していた(* P <0.05対少なくとも1つ陽性の患者[n = 42])

まとめ

最初の4〜6時間で尿浸透圧352mOsm / Lを超えるベースラインからU-OSMが26%以上減少すると、TLVに対する反応が予測される.
TLVに対する無反応性は、慢性腎疾患を合併した腎不全に起因する. (Circ J 2013; 77:397-404)

論文の要約

NewImage

英単語

concentrating ability :濃縮能

Table and Figure

NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage

原文

BACKGROUND:
A newly-developed vasopressin type 2 receptor antagonist, tolvaptan (TLV), has a unique feature of diuresis, but the response to this drug can be unpredictable.
METHODS AND RESULTS:
Data were collected from hospitalized patients with decompensated congestive heart failure who were administered TLV at 3.75-15 mg/day (n=61). A responder/non-responder to TLV was determined as having any increase/decrease in urine volume (UV) during the next 24h after TLV treatment on the first day. Logistic regression analyses for increases in UV were performed, and independent predictors of the responder were the following: C1, baseline urine osmolality (U-OSM) >352 mOsm/L; and C2, %decrease in U-OSM >26% at 4-6h after TLV administration. Criteria consisting of C1 and C2 had a good predictability for responders by receiver-operating characteristic analysis (area under the curve=0.960). Kidneys of the non-responders no longer had diluting ability (%decrease of U-OSM at 4-6h=2.7 ± 14.6%*), but also barely kept concentrating ability (baseline U-OSM=296.4 ± 68.7*mOsm/L) with markedly reduced estimated glomerular filtration ratio (35.5 ± 29.4 m l · min(-1) · 1.73 m(-2)*) (*P<0.05 vs. patients who had at least 1 positive condition [n=42]). CONCLUSIONS: More than 26% decrease in U-OSM from a baseline >352 mOsm/L for the first 4-6h predicts responders to TLV. Unresponsiveness to TLV is attributable to nephrogenic diabetes insipidus complicated by chronic renal disease.
Comment in
Urine osmolality-guided tolvaptan therapy in decompensated heart failure. [Circ J. 2013]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください