急性心不全,HFpEFにおけるサムスカ(Tolvaptan)を追加すると腎機能悪化のリスクを軽減する.

急性非代償性心不全および左心室駆出率(EFの保たれた心不全:HFpEF)を有する患者におけるTolvaptan(サムスカ®︎)の腎機能の悪化リスクの軽減

論文

Circ J. 2017 Apr 25;81(5):740-747
Tolvaptan Reduces the Risk of Worsening Renal Function in Patients With Acute Decompensated Heart Failure and Preserved Left Ventricular Ejection Fraction

Clinical question

サムスカについて色々論文読んでみた part1

Key point

急性心不全,特にHFpEFは積極的にサムスカを追加すると急性期の腎機能障害が防げる可能性がある.

Abstract

背景

急性非代償性心不全(ADHF:acute decompensated heart failure)の治療の主流は利尿薬によるうっ血の改善であるが、しばしば腎機能の悪化(WRF:worsening renal function)の悪化と関連している.
左室駆出率(LVEF:left ventricular ejection fraction)を維持しているADHF患者のWRFに対する選択的V2受容体アンタゴニストであるtolvaptan(サムスカ®️)の効果は不明である.

方法および結果

入院時のLVEFが45%以上であった50人の連続ADHF患者を登録した.
患者は、トルバプタン追加群(n = 26)または従来の利尿治療(n = 24)のいずれかにランダムに割り当てられた.
主要評価項目は、血清クレアチニン(Cr)≧0.3 mg / dL以上の増悪,または無作為化の48時間以内にベースラインを50%上回る増悪と定義されたWRFの発生率であった.
48時間の間、体重の変化または総尿量は2群間に有意差はなかった.
しかしながら、無作為化後24時間および48時間におけるCr(ΔCr)の変化およびWRFの発生率(12% vs 42%,P = 0.0236)は有意に低く, 尿中尿素窒素(FEUN)の24時間後および無作為化後48時間で, トルバプタン群で有意に高かった.
無作為化後48時間でΔCrとFEUNとの間に逆相関があった.

結論

Tolvaptan(サムスカ®️)は、おそらく腎灌流の維持を通じて、LVEFの保存されたADHF患者において、WRFの有意に低いリスクでうっ血を緩和することができる.

論文の要約

NewImage

尿浸透圧は無作為後6時間でトルバプタン追加群より低かった.277±95対372±51mOsm / L、P = 0.0001)
血清ナトリウム濃度はトルバプタン群で高かった(当たり前)
無作為後12時間および24時間でトルバプタン群で優位にカリウム濃度の変化が低かった.(Figure 3B)

NewImage NewImage

Table and Figure

NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage

原文

Background: Although the mainstay of treatment for acute decompensated heart failure (ADHF) is decongestion by diuretic therapy, it is often associated with worsening renal function (WRF). The effect of tolvaptan, a selective V2 receptor antagonist, on WRF in ADHF patients with preserved left ventricular ejection fraction (LVEF) is unknown.

Methods and Results: We enrolled 50 consecutive ADHF patients whose LVEF on admission was ≥45%. Patients were randomly assigned to either tolvaptan add-on (n=26) or conventional diuretic therapy (n=24). The primary endpoint was the incidence of WRF, defined as an increase in serum creatinine (Cr) ≥0.3 mg/dL or 50% above baseline within 48 h of randomization. There was no significant difference between the 2 groups in the change in body weight or the total urine volume during 48 h. However, the change in Cr (∆Cr) at 24 and 48 h after randomization and the incidence of WRF (12% vs. 42%, P=0.0236) were significantly lower, and the fractional excretion of urea (FEUN) at 24 and 48 h after randomization was significantly higher in the tolvaptan group. There was an inverse correlation between ∆Cr and FEUN at 48 h after randomization.

Conclusions: Tolvaptan can alleviate congestion with a significantly lower risk of WRF in ADHF patients with preserved LVEF, presumably through maintenance of renal perfusion.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください