多発性骨髄腫がかかりやすい感染症は?

多発性骨髄腫(MM)Multiple myelomaにおける感染症についてまとめ

論文

Haematologica. 2015 Jan;100(1):107-13.
Multiple myeloma and infections: a population-based study on 9253 multiple myeloma patients.

Clinical question

多発性骨髄腫の患者さんはあんまり,尿路感染症にはかからなそうだけど,実際はどういった感染症にかかるんだろうか.

Key point

NewImage

細菌感染症 HR=7.1
肺炎 HR=7.7
骨髄炎 HR=3.5
敗血症 HR=15.6
腎盂腎炎 HR=2.9
蜂窩織炎 HR=3.0
髄膜炎 HR=16.6
心内膜炎 HR=5.3

ウイルス感染症 HR=10.0
インフルエンザ HR=6.1
ヘルペスゾスター HR=14.8

頻度の高い細菌・ウイルス感染症
肺炎,敗血症,蜂窩織炎,腎盂腎炎
インフルエンザウイルス感染症,帯状疱疹

Abstract

感染症は多発性骨髄腫患者の罹患率が高く,死亡率を高めるの主要な原因である.
多発性骨髄腫患者における細菌感染およびウイルス感染のリスクを推定するために、スウェーデンの集団ベースのデータを用いて1988年から2004年に診断された多発性骨髄腫患者(n = 9253)を2007年までのフォローアップした群と34,931のコントロール群で比較した
Cox比例ハザードモデルを用いて感染のリスクを推定した.
全体として、多発性骨髄腫患者は、対応する対照と比較して、感染を発症するリスクが7倍(ハザード比= 7.1; 95%信頼区間= 6.8-7.4)であった。細菌感染を発症するリスクの増加は約7倍(HR=7.1; 6.8-7.4)、ウイルス感染は10倍(Hr=10.0; 8.9-11.4)であった.
より最近に診断された多発性骨髄腫患者は、対照と比較して感染のリスクが有意に高かった(P <0.001).
フォローアップの1年後の多発性骨髄腫患者の死亡原因の22%が感染症であった.
感染による死亡率は、試験期間中一定であった.
私たちの発見は、感染が多発性骨髄腫患者にとって大きな脅威であることを確認している.
多発性骨髄腫の治療に導入された新規薬剤による感染合併症への影響を確立し、予防措置の試行が必要である.

論文の要約

要約すると、スウェーデンのこの大規模な集団ベースの研究では、細菌感染およびウイルス感染がMM患者にとって大きな脅威であることが判明した.
我々は、肺炎や敗血症などの特定の感染症のリスクが、MM診断後1年目よりも10倍以上高くなることを発見し、近年感染症のリスクが高まっている.
感染から死亡する危険性は、年齢が一致した対照と比較して、MM患者の場合に顕著に上昇する.
新規治療薬の導入により、MM患者の生存率が向上した.
しかし、これらの薬剤の感染リスクに対する効果は確立されておらず、予防措置の新たな試行が必要である.

英単語

Table and Figure

NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage

原文

Infections are a major cause of morbidity and mortality in patients with multiple myeloma. To estimate the risk of bacterial and viral infections in multiple myeloma patients, we used population-based data from Sweden to identify all multiple myeloma patients (n=9253) diagnosed from 1988 to 2004 with follow up to 2007 and 34,931 matched controls. Cox proportional hazard models were used to estimate the risk of infections. Overall, multiple myeloma patients had a 7-fold (hazard ratio =7.1; 95% confidence interval = 6.8-7.4) risk of developing any infection compared to matched controls. The increased risk of developing a bacterial infection was 7-fold (7.1; 6.8-7.4), and for viral infections 10-fold (10.0; 8.9-11.4). Multiple myeloma patients diagnosed in the more recent calendar periods had significantly higher risk of infections compared to controls (P<0.001). At one year of follow up, infection was the underlying cause in 22% of deaths in multiple myeloma patients. Mortality due to infections remained constant during the study period. Our findings confirm that infections represent a major threat to multiple myeloma patients. The effect on infectious complications due to novel drugs introduced in the treatment of multiple myeloma needs to be established and trials on prophylactic measures are needed.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.