qSOFAとSIRS基準の死亡率予測精度を比較

qSOFAとSIRS基準の死亡率予測精度を比較

論文

Ann Intern Med. 2018 Feb 20;168(4):266-275.

Clinical question

敗血症についてqSOFAがSepisis-3から提唱されているが,その有用性についてはあまり実感がない.
敗血症の人はみるからに敗血症だし,そうじゃない人はqSOFAを使うまでもないという印象.
外勤先からの転院搬送には便利な手段ではあるが・・・.感度についてのメタアナリシスがでたので読んでみよう.

Key point

qSOFAとSIRS基準の死亡率予測精度を比較したメタアナリシス

短期間の死亡率予測ではqSOFAの感度が低く中等度の特異度を示し,SIRSの方が感度が高く,特異度は低かった.

QSOFA QSOFAasda

Abstract

背景

感染が疑われる患者の死亡率を予測するために、迅速なスコアリングとしてqSOFAが提唱されている.

目的

感染が疑われる成人患者の死亡予測のためのqSOFAと全身性炎症反応症候群(SIRS)の予後の正確さを要約して比較する.

データベース

データソース:2017年11月までのデータベース.
研究選択:集中治療室(ICU)、救急部(ED)、または病院で感染が疑われる成人患者の死亡率(院内、28日、または30日)の予測にqSOFAを使用した試験.言語は英語.

方法

データ抽出:2人の研究者が標準的な基準を用いて独立にデータを抽出し、研究の質を評価した。

結果

38の研究が含まれていた(n = 385,333).
qSOFAの感度は60.8%(95%CI、51.4%〜69.4%)特異度は72.0%(CI、63.4%〜79.2%)と死亡率と関連していた.
SIRS基準は、感度は88.1%(CI、82.3%〜92.1%)特異度は25.8%(CI、17.1%〜36.9%)と死亡率と関連していた.
qSOFAの非ICU集団における感度は51.2% (51.2%[CI、43.6%〜58.7%])よりもICU集団では87.2%(87.2%[CI、75.8%〜93.7%])で高かった.
qSOFAのプールされた特異度は、ICU集団では33.3%(33.3%[CI、23.8%~44.4%])であったが,非ICU集団では79.6%(79.6%[CI、73.3%〜84.7%])で高かった。

QSOFAasda

Limitation

制限:qSOFAの解釈と患者の選択による、含まれている研究におけるバイアスの潜在的リスク。

まとめ

結論:qSOFAは感度が低く、短期死亡率は中等度であった。 SIRSの基準は、qSOFAの感度よりも感度が高く、患者のスクリーニングに使用することを支持し、治療の開始を促すものであった。

論文の要約

結論として、我々の体系的なレビューとメタ分析は、qSOFAは感度が低く、中程度の特異性を示したが、SIRSの基準はより感度が高いが特異性は低いことがわかった.

我々の調査結果は、増悪の危険性のある感染患者のスクリーニングのためのSIRS基準の継続的な使用を支持している.
qSOFAは、非ICU患者と比較してICU患者の方が、ICU患者の試験適用の差異により、より鋭敏であった。

Table and Figure

NewImage
NewImage
NewImage
NewImage

原文

BACKGROUND:
The quick Sequential Organ Failure Assessment (qSOFA) has been proposed for prediction of mortality in patients with suspected infection.
PURPOSE:
To summarize and compare the prognostic accuracy of qSOFA and the systemic inflammatory response syndrome (SIRS) criteria for prediction of mortality in adult patients with suspected infection.
DATA SOURCES:
Four databases from inception through November 2017.
STUDY SELECTION:
English-language studies using qSOFA for prediction of mortality (in-hospital, 28-day, or 30-day) in adult patients with suspected infection in the intensive care unit (ICU), emergency department (ED), or hospital wards.
DATA EXTRACTION:
Two investigators independently extracted data and assessed study quality using standard criteria.
DATA SYNTHESIS:
Thirty-eight studies were included (n = 385 333). qSOFA was associated with a pooled sensitivity of 60.8% (95% CI, 51.4% to 69.4%) and a pooled specificity of 72.0% (CI, 63.4% to 79.2%) for mortality. The SIRS criteria were associated with a pooled sensitivity of 88.1% (CI, 82.3% to 92.1%) and a pooled specificity of 25.8% (CI, 17.1% to 36.9%). The pooled sensitivity of qSOFA was higher in the ICU population (87.2% [CI, 75.8% to 93.7%]) than the non-ICU population (51.2% [CI, 43.6% to 58.7%]). The pooled specificity of qSOFA was higher in the non-ICU population (79.6% [CI, 73.3% to 84.7%]) than the ICU population (33.3% [CI, 23.8% to 44.4%]).
LIMITATION:
Potential risk of bias in included studies due to qSOFA interpretation and patient selection.
CONCLUSION:
qSOFA had poor sensitivity and moderate specificity for short-term mortality. The SIRS criteria had sensitivity superior to that of qSOFA, supporting their use for screening of patients and as a prompt for treatment initiation.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。