大球性貧血の鑑別 MCVについて

MCVに関する大球性貧血のレビュー.すごくわかりやすい

論文

Int J Hematol. 2016 Sep;104(3):344-57
Causes of macrocytic anemia among 628 patients: mean corpuscular volumes of 114 and 130 fL as critical markers for categorization.

Clinical question

甲状腺機能低下症の患者さんでMCVが軽度高値(108 fL)程度の方がいて,MCV軽度高値での鑑別について復習した.

Key point

Figure5はマストで暗記

NewImage

大球性貧血の鑑別
MCV 100~130以上(130を超えることができる.)巨赤芽球性貧血および薬剤性
MCV 100~130(114を超えることができる.):骨髄不全症候群,MM,溶血性貧血,アルコール依存症,肝臓疾患
MCV 100-114:リンパ性悪性腫瘍、慢性腎不全、甲状腺機能低下症、および固形腫瘍

Abstract

平均赤血球容積(MCV)カットオフ値に関する大球性貧血の原因の分布に関する研究はない.
東北大学病院,血液内科外来を受診したした628例の大球性貧血(MCV≧100 fL)の原因を後ろ向きに検討した.
データの有効性を確認するため、東北地方の他の8病院の307人の患者のデータも分析した.
大貧血症の主な原因は、骨髄異形成症候群(121人,19.3%)、骨髄不全症候群(BMF; 74人,11.8%)、再生不良性貧血(51人,8.1%)、形質細胞異常(45人、7.2%)、ビタミンB12欠乏症(40人、6.4%)であった.
我々は次のような3つの主要な発見をした.
第1に、大球性貧血の最も一般的な原因は骨髄不全症候群:BMFである.
第2に、リンパ系腫瘍及び固形悪性腫瘍もまた大型細胞死の一般的な原因である.
第3に、大球性貧血は3つの群に分類される:グループ1MCV130fLを超えることができる巨赤芽球性貧血および薬剤性)
グループ2(アルコール依存症/肝臓疾患、BMF、骨髄悪性腫瘍、溶血性貧血)は、MCV114fLを超えることができる.
グループ3MCVは114を超えない.(リンパ性悪性腫瘍、慢性腎不全、甲状腺機能低下症、および固形腫瘍)の3群に分類され
これらの結論は、8つの他の病院の結果によって支持された

学び:骨髄不全症候群について

骨髄不全ガイドライン;第 75 回日本血液学会学術集会 教育講演6 臨 床 血 液54:10

上記リンク参照
NewImage

後天性:再生不良性貧血,慢性赤芽球癆,不応性貧血(骨髄異形成症候群),発作性夜間ヘ モグロビン尿症,骨髄線維症などが含まれる
先天性:Fanconi貧血(Fanconianemia,FA), 先 天 性 角 化 不 全 症(dyskeratosis congenital,DC), Schwachman-Diamond 症 候 群(SD),Diamond-Blackfan 貧 血(Diamond-Blackfan anemia, DBA),congenital dys- erythropoietic anemia (CDA),遺伝性鉄芽球性貧血が含 まれている.

英単語

MCV; Macrocytic anemia
骨髄不全症候群:Bone marrow failure syndromes

Table and Figure

NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage

原文

There have been no studies on the distribution of causes of macrocytic anemia with respect to mean corpuscular volume (MCV) cutoff values. We retrospectively investigated the causes of macrocytic anemia (MCV ≥100 fL) among 628 patients who visited the outpatient hematology clinic in Tohoku University Hospital. To ensure data validity, we also analyzed data from 307 patients in eight other hospitals in the Tohoku district. The leading causes of macrocytic anemia (number of patients, %) were myelodysplastic syndromes (121, 19.3 %), suspected bone marrow failure syndromes (BMF; 74, 11.8 %), aplastic anemia (51, 8.1 %), plasma cell dyscrasia (45, 7.2 %), and vitamin B12 deficiency (40, 6.4 %) in Tohoku University Hospital. We made three primary findings as follows. First, the most common cause of macrocytic anemia is BMF. Second, lymphoid and solid malignancies are also common causes of macrocytosis. Third, macrocytic anemia may be classified into three groups: Group 1 (megaloblastic anemia and medications), which can exceed MCV 130 fL; Group 2 (alcoholism/liver disease, BMF, myeloid malignancy, and hemolytic anemia), which can exceed MCV 114 fL; and Group 3 (lymphoid malignancy, chronic renal failure, hypothyroidism, and solid tumors), which does not exceed MCV 114 fL. These conclusions were supported by the results from eight other hospitals.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください