PRIMA試験.形質転換した濾胞性リンパ腫のリスクファクターと予後について.自家末梢血幹細胞移植を含めて

濾胞性リンパ腫のまとめ

濾胞性リンパ腫カテゴリー一覧

形質転換についての一覧

論文

J Clin Oncol. 2016 Aug 1;34(22):2575-82
Risk Factors and Outcomes for Patients With Follicular Lymphoma Who Had Histologic Transformation After Response to First-Line Immunochemotherapy in the PRIMA Trial.

Clinical question

濾胞性リンパ腫の形質転換をした症例では,自家末梢血幹細胞移植を施行した場合予後はどうなんだろうか.
特にリツキシマブ後のエビデンスはどうなんだろうか.

Key point

濾胞性リンパ腫の初回の再発時は形質転換の可能性が高い.生検をしなければならない.

濾胞性リンパ腫の形質転換した症例は自家末梢血幹細胞移植で予後が改善する.

形質転換のリスクファクターとして,診断時の PS, 貧血,LDH高値,B症状,Grade3a以上,FLIPIがHigh riskであることがあげられた.

Abstract

背景

免疫化学療法(リツキシマブ)に効果のあった濾胞性リンパ腫(FL)患者の大規模な前向きコホートにおける組織学的形質転換(HT)の予後を解析する.

方法

PRIMA試験で無作為に割り当てられた1,018人の患者を中央値 6年間追跡した.
463人の患者に濾胞性リンパ腫の増悪が観察され、そのうち194人は生検が施行され,病理学的に検討された.その194人について解析をおこなった.
NewImage

結果

194人が生検を施行され,病理学的に検討がされた.
うち,40人が形質転換し,154人は形質転換の伴わない濾胞性リンパ腫の増悪であった.(発症までの期間の中央値は9.6 v 22.8 months, respectively; P = .018.)
追跡調査の最初の1年間に実施された生検のうち37%は形質転換であり,追跡調査1年間の形質転換は全体の形質転換の58%を占めた.
形質転換のリスクファクターとして,診断時の PS, 貧血,LDH高値,B症状,Grade3a以上,FLIPIがHigh riskであることがあげられた.
最初のRituximab併用化学療法への反応,および,リツキシマブ維持療法の反応(CR or PR)は形質転換のリスクファクターに影響を与えなかった.
サルベージ療法後,HTを有する患者はCRの割合が低かった.(50.3% v 67.4%; P = 0.03))また,より疾患が増悪した.((28.2% v 9.6%; P , .001) )
全生存期間はHTを有する患者群では有意に短かった.(median, 3.8 v 6.4 years; hazard ratio, 3.9; 95% CI, 2.2 to 6.9)
自家末梢血幹細胞移植(ASH:Autologous stem cell transplantation)は形質転換をした患者の予後を改善した.( (median overall survival, not reached v 1.7 years) )
しかし,濾胞性リンパ腫の形質転換を伴わない場合は予後の改善みられなかった.

まとめ

リツキシマブを含む免疫化学療法が効果があった濾胞性リンパ腫患者の形質転換は,自家末梢血幹細胞移植による治療で改善する可能性があある.
濾胞性リンパ腫の最初の再発時には生検をすることを強く勧める.

論文の要約

結論として、免疫化学療法(リツキシマブ)で治療された高腫瘍量の濾胞性リンパ腫患者のコホートの中のこの形質転換(HT)の報告は、HTが予後不良と関連する比較的まれな事象であることを示している.
形質転換の累積発症率は、最初の1年以内に有意に多く、続いて継続的に増加するFL再発の発生率と比較して減少した.
最初の進行後の管理では、HT患者のASCTの利点があるかもしれないが、この戦略は、最初の進行時に持続性FL組織像を有する患者のOS率が改善されていないことを示している.
我々の結果はさらに、FL患者の初回進行時に新たに生検を行う必要性を強調した
Intensive treatment はより若い患者および自家末梢血幹細胞移植の適応である患者にとっては良い選択肢である
しかし適応のない患者は依然として新たな治療の確率が望まれる.

英単語

形質転換:(HT:histologic transformation)

Table and Figure

NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage

原文

Purpose
To study the outcome of histologic transformation (HT) in a large prospective cohort of patients with follicular lymphoma (FL) who previously responded to immunochemotherapy.

Patients and Methods
After a median 6-year follow-up of 1,018 randomly assigned patients from the PRIMA trial, disease progression was observed in 463 patients, 194 of whom had histologic documentation.

Results
Forty patients had histology consistent with HT, and 154 had untransformed FL (median time to recurrence, 9.6 v 22.8 months, respectively; P = .018). Thirty-seven percent of biopsies performed during the first year of follow-up showed HT corresponding to 58% of all HTs. Altered performance status, anemia, high lactate dehydrogenase level, “B” symptoms, histologic grade 3a, and high Follicular Lymphoma International Prognostic Index scores at diagnosis were identified as HT risk factors. Response (complete v partial) to immunochemotherapy or rituximab maintenance had no impact on the risk of HT. After salvage treatment, patients with HT had less frequent complete response (50.3% v 67.4%; P = .03) and more disease progression (28.2% v 9.6%; P < .001) than patients without HT. Estimated overall survival for the patients with HT was poorer (median, 3.8 v 6.4 years; hazard ratio, 3.9; 95% CI, 2.2 to 6.9). Autologous stem cell transplantation improved the outcomes of patients with HT (median overall survival, not reached v 1.7 years) but not of patients with persistent FL histology.

Conclusion
HT in patients with FL who previously responded to immunochemotherapy is an early event associated with a poor outcome that may deserve intensive salvage with autologous stem cell transplantation. These data emphasize the necessity for biopsy at the first recurrence of FL.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。