StiL試験 マントル細胞リンパ腫(MCL)に対してR-Benda vs R-CHOP療法の比較試験 ベンダムスチン CHOP

マントル細胞リンパ腫のカテゴリー一覧

マントル細胞リンパ腫

論文

StiL 試験

Lancet 2013; 381: 1203–10
マントル細胞リンパ腫(MCL)に対してR-Benda vs R-CHOP療法の比較試験
Bendamustine plus rituximab versus CHOP plus rituximab as first-line treatment for patients with indolent and mantle-cell lymphomas: an open-label, multicentre, randomised, phase 3 non-inferiority trial

Clinical question

未治療高齢者のマントル細胞リンパ腫を経験したので
マントル細胞リンパ腫(MCL)をまとめてみる気になったから.ちょっと歴代論文を読んでみることにした.

Key point

NewImage
未治療高齢者のマントル細胞リンパ腫に対してR-CHOP vs R-BendaはR-Bendaの方が無増悪期間および,有害事象において優れていた.

現在の課題は R=Benda後のリツキシマブの維持療法が必要かどうかであると考えられる!

あとは,新規薬剤(イブルチニブ(Ibrutinib)とベネトクラクス(Venetoclax))との併用や効果がどうかというのも気になる.下記リンク参照

マントル細胞リンパ腫に対するイブルチニブ(Ibrutinib)とベネトクラクス(Venetoclax)の併用療法.N Engl J Med 2018;378:1211-23.

Abstract

背景

リツキシマブと併用の化学療法(ほとんどの場合、CHOP(シクロホスファミド、ドキソルビシン、ビンクリスチン、プレドニゾン))は、進行性のIndolentリンパ腫患者およびマントル細胞リンパ腫を有する高齢患者の化学療法のファーストラインである.
ベンダムスチン+リツキシマブは、再発性または難治性の疾患に有効であることが示されている.
私たちは、ベンダムスチン+リツキシマブ(R-Benda)とCHOP +リツキシマブ(R-CHOP)とを、Indolent リンパ腫およびマントル細胞性リンパ腫患者のファーストラインの化学療法として比較した.

方法

2003年9月1日から2008年8月31日まで、ドイツの81の施設で、複数の前向き、多施設的、無作為化、オープンラベル、非劣性の試験を行った.
WHOのPS 2以下の18歳以上の患者で新たにIII期またはIV期のindolentリンパ腫またはマントル細胞リンパ腫と診断された場合にランダム化された.
患者を組織学的リンパ腫サブタイプで層別化し、次に予定された無作為化リストに従って無作為に割り当てて、ベンダムスチン(4週間サイクルの1日目および2日目に90mg / m2)またはCHOP(シクロホスファミド750mg / m2、ドキソルビシン50mg / m2、ビンクリスチン1・4mg / m2、プレドニゾン100mg /日、5日間)を最大6回投与する.
両群の患者は、各サイクルの1日目にリツキシマブ375mg / m2を受けた。患者および治療の医師は、治療の割り当てには盲検化はされていない.
プライマリーエンドポイントは無増悪生存率であり、非劣性マージンは10%であった。分析はプロトコルごとに行った.

結果

274人の患者がベンダムスチン+リツキシマブ(R-Benda)に割り当てられ261人が投与され,R-CHOPに割り当てられた275人のうち253例が投与された.
45ヵ月の中央値追跡調査(IQR 25-57)では、ベンダムスチン群とリツキシマブ群では、R-CHOP群よりも無増悪生存期間の中央値が有意に長かった(69±5ヶ月[中央値には到達せず] vs 31.2ヶ月[15.2-65.7];ハザード比0·58, 95% CI 0·44–0·74; p<0·0001).
Bendamustineとrituximab(R-Benda)はR-CHOPよりも良好な耐容性を示し、脱毛率は低かったR-Benda vs R-CHOP(3コース以上投与うけた患者の245例に対して0例vs 245例(100%)、p <0.0001)、血液毒性(777 [30%] vs 173 [68%]; p<0·0001)、感染症((96 [37%] vs 127 [50%]); p=0·0025)神経毒性(18 [7%] vs 73 [29%]; p<0·0001)、口内炎((16 [6%] vs 47 [19%]; p<0·0001) .
紅斑性皮膚反応(Erythematous skin reactions)は、ベンダムスチン+リツキシマブ群の患者ではR-CHOP群よりも多かった(42 [16%] vs 23 [9%]; p=0·024).

まとめ

未治療のIndorentリンパ腫に対しては無増悪生存率の改善および,有害事象の現象のために,リツキシマブ併用BendamustineはR-CHOP療法よりもファーストラインの治療として優れていると考えられる.

英単語

alopecia :脱毛

Table and Figure

NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage

原文

Summary
Background Rituximab plus chemotherapy, most often CHOP (cyclophosphamide, doxorubicin, vincristine, and prednisone), is the first-line standard of care for patients with advanced indolent lymphoma, and for elderly patients with mantle-cell lymphoma. Bendamustine plus rituximab is effective for relapsed or refractory disease. We compared bendamustine plus rituximab with CHOP plus rituximab (R-CHOP) as first-line treatment for patients with indolent and mantle-cell lymphomas.
Methods We did a prospective, multicentre, randomised, open-label, non-inferiority trial at 81 centres in Germany between Sept 1, 2003, and Aug 31, 2008. Patients aged 18 years or older with a WHO performance status of 2 or less were eligible if they had newly diagnosed stage III or IV indolent or mantle-cell lymphoma. Patients were stratified by histological lymphoma subtype, then randomly assigned according to a prespecified randomisation list to receive either intravenous bendamustine (90 mg/m2 on days 1 and 2 of a 4-week cycle) or CHOP (cycles every 3 weeks of cyclophosphamide 750 mg/m2, doxorubicin 50 mg/m2, and vincristine 1·4 mg/m2 on day 1, and prednisone 100 mg/day for 5 days) for a maximum of six cycles. Patients in both groups received rituximab 375 mg/m2 on day 1 of each cycle. Patients and treating physicians were not masked to treatment allocation. The primary endpoint was progression-free survival, with a non-inferiority margin of 10%. Analysis was per protocol. This study is registered with ClinicalTrials.gov, number NCT00991211, and the Federal Institute for Drugs and Medical Devices of Germany, BfArM 4021335.
Findings 274 patients were assigned to bendamustine plus rituximab (261 assessed) and 275 to R-CHOP (253 assessed). At median follow-up of 45 months (IQR 25–57), median progression-free survival was significantly longer in the bendamustine plus rituximab group than in the R-CHOP group (69·5 months [26·1 to not yet reached] vs 31·2 months [15·2–65·7]; hazard ratio 0·58, 95% CI 0·44–0·74; p<0·0001). Bendamustine plus rituximab was better tolerated than R-CHOP, with lower rates of alopecia (0 patients vs 245 (100%) of 245 patients who recieved ≥3 cycles; p<0·0001), haematological toxicity (77 [30%] vs 173 [68%]; p<0·0001), infections (96 [37%] vs 127 [50%]); p=0·0025), peripheral neuropathy (18 [7%] vs 73 [29%]; p<0·0001), and stomatitis (16 [6%] vs 47 [19%]; p<0·0001). Erythematous skin reactions were more common in patients in the bendamustine plus rituximab group than in those in the R-CHOP group (42 [16%] vs 23 [9%]; p=0·024).
Interpretation In patients with previously untreated indolent lymphoma, bendamustine plus rituximab can be considered as a preferred first-line treatment approach to R-CHOP because of increased progression-free survival and fewer toxic effects.
Funding Roche Pharma AG, Ribosepharm/Mundipharma GmbH.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください