再発性静脈血栓塞栓症のリスクファクターと抗凝固薬の中止基準

論文

Blood Advances 2018 2:788-796
Risk of recurrent venous thromboembolism according to baseline risk factor profiles

Clinical question

リバロキサバンっていつやめるんだろう.

Key point

•軽度の一時的または持続的なrisk factorsによって引き起こされたVTE患者の再発リスクはよくわかっていない.
•軽度の一過性または持続性のrisk factorsによって誘発されたVTEによる再発のリスクは、未発症のVTEのリスクと同様である.

• The risk of recurrence in patients with VTE provoked by minor transient or persistent risk factors is uncertain.
• The risk of recurrence with VTE provoked by minor transient or per- sistent risk factors is similar to that with unprovoked VTE.

Abstract

静脈血栓塞栓症(VTE)に対する抗凝固の最適な持続時間はよくわかっていない.
この予備解析では、ベースラインのリスクファクタープロファイルに基づいて再発のリスクを推定するために、1日1回リバロキサバン(20mgまたは10mg)とアスピリン(100mg)またはプラセボとを比較した2件のランダム化試験のデータを使用した.
Index VTE events は、一過性または持続性の主要な、または軽度の一過性のまたは持続的なリスク要因によって集中的に分類され、再発率が算出された.
合計2832名の患者がリバロキサバンを受けた.1131はアスピリンを受け、590はプラセボを受けた.
非VTE患者では、リバロキサバンを投与された1173例、アスピリンが468例、プラセボが243例で再発率はそれぞれ2.0%、5.9%、10.0%であった.
重度の一過性の危険因子によって引き起こされたVTE患者の再発はなかった。軽度の持続性の危険因子によって引き起こされたVTEでは、リバロキサバンを投与された患者1184人、アスピリン466人、プラセボ248人の再発率はそれぞれ2.4%、4.5%、10.7%であった.
軽度の一過性の危険因子(by major transient risk factors)を有する患者での再発率は、リバロキサバンを投与した患者268例中0.4%、アスピリン121例で4.2%、プラセボ群56例で7.1%であった.
軽度の持続的または軽度の一過性の危険因子を有するVTE患者の再発率は、未発症のVTEと比べて(hazard ratio [HR], 0.81; 95% confidence interval [CI], 0.56-1.16; and HR, 0.68; 95% CI, 0.32-1.30, respectively)であった.
したがって、そのような患者はまた、抗凝固療法の延長から恩恵を受ける可能性がある。

まとめ

結論として、我々の研究は、軽度の持続的または一過性の危険因子(minor persistent or transient risk factors)を有するVTE患者は、再発のリスクがかなり高く、未発症のVTEの患者と同様に、抗凝固の延長することで恩恵を受ける可能性が高いことを示している.
リスクプロファイルにかかわらず、リバロキサバンは長期治療のための効果的で安全な選択肢である.

In conclusion, our study shows that patients with VTE provoked by minor persistent or transient risk factors have a substantial risk of recurrence, and like those with unprovoked VTE, are likely to benefit from extended anticoagulation. Regardless of the risk profile, rivaroxaban is an effective and safe option for extended treatment.

英単語

Table and Figure

NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage

原文

The optimal duration of anticoagulation for venous thromboembolism (VTE) is uncertain. In this prespecified analysis, we used data from 2 randomized trials, which compared once-daily rivaroxaban (20 mg or 10 mg) with aspirin (100 mg) or placebo for extended VTE treatment to estimate the risk of recurrence according to baseline risk factor profiles. Index VTE events were centrally classified as unprovoked, or provoked by major transient or persistent, or minor transient or persistent risk factors, and rates of recurrence at 1 year were calculated. A total of 2832 patients received rivaroxaban; 1131 received aspirin, and 590 received placebo. With unprovoked VTE, rates of recurrence in the 1173 patients given rivaroxaban, the 468 given aspirin, and the 243 given placebo were 2.0%, 5.9%, and 10.0%, respectively. There were no recurrences in patients with VTE provoked by major transient risk factors. With VTE provoked by minor persistent risk factors, recurrence rates in the 1184 patients given rivaroxaban, the 466 given aspirin, and the 248 given placebo were 2.4%, 4.5%, and 10.7%, respectively. For patients with minor transient risk factors, recurrence rates were 0.4% in the 268 patients given rivaroxaban, 4.2% in the 121 given aspirin, and 7.1% in the 56 given placebo. Recurrence rates in patients with VTE provoked by minor persistent or minor transient risk factors were not significantly lower than that with unprovoked VTE (hazard ratio [HR], 0.81; 95% confidence interval [CI], 0.56-1.16;
and HR, 0.68; 95% CI, 0.32-1.30, respectively). Therefore, such patients may also benefit from extended anticoagulation therapy.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください