成人AMLのリスク分類 ELN 2017 ELN(European LeukemiaNet)からのrecommendations

成人AMLにおけるリスク分類 ELN 2017

成人AMLにおけるELN(European LeukemiaNet)からのRecommendations

教授からの試練なので
全文訳して勉強してみる.

論文

Blood 2017 129:424-447
Diagnosis and management of AML in adults: 2017 ELN recommendations from an international expert panel

Clinical question

教授から試練を与えられたから,がんばろうと思った.移植のリスク分類を勉強しようと思った.

Key point

この論文(Review)を解読するのがすごく困難で教授になきついたところ,
こういうレビューはポイントを押さえて,整理しておくことが大事とのアドバイスをいただいた.
というわけでポイントはリスク分類なのでTble5
あとは,AMLの中には遺伝性もあるということ

NewImage

Table5のリスク分類.(FLAT-ITDのHighとLowがあること)
AMLの中には遺伝性のものもあるということ

Abstract

2010年に発表された成人の急性骨髄性白血病(AML)の診断と治療方針のためにELN(European LeukemiaNet)から発表された初版のRecommendationsはAML患者を治療する医師および研究者の幅広い支持を得ている.
最近の進歩である疾患のゲノム(genomic landscape)の発見、遺伝子検査のためのアッセイの開発、および微小残存疾患(MRD)の検出、ならびに新規の抗癌剤の開発において、エビデンスと専門家の意見に基づく最新のRecommendationsを提供する.

Intoroduction

2010年には、ELNに代わって、国際的な専門家パネル(international expert panel)が急性骨髄性白血病(AML)の診断と管理のためのRecommendationsを発表しました.(Blood. 2010 Jan 21;115(3):453-74
これらのrecommendationsは、一般的な治療、臨床試験、およびregulatory agenciesによって広く用いられてきた.
骨髄新生物および急性白血病の世界保健機関(WHO)分類への最新の更新と並行して、
近年、疾患の病因の理解、および診断アッセイおよび新規療法の開発においてかなりの進歩が見られた.
この記事では、Myeloid neoplasma および急性白血病の世界保健機関(WHO)分類の変更をとりあげる.
急性前骨髄球性白血病(APL)の診断と管理のために言及する.

方法

このパネル(討論)には、AMLにおける臨床および研究の専門知識が認められている22人の国際会員が含まれている.
会議(パネル)は3回おこなわれた.
文献調査、エビデンスの分類、合意の方法は以前と同様に行われた.
米国血液学会の2013年から2015年の会議で提出された関連の要約、および2013年から2016年の米国がん研究協会、欧州血液学会 協会、および米国臨床腫瘍学会がレビューされた.

原文

Abstract

The first edition of the European LeukemiaNet (ELN) recommendations for diagnosis and management of acute myeloid leukemia (AML) in adults, published in 2010, has found broad acceptance by physicians and investigators caring for patients with AML. Recent advances, for example, in the discovery of the genomic landscape of the disease, in the development of assays for genetic testing and for detecting minimal residual disease (MRD), as well as in the development of novel antileukemic agents, prompted an international panel to provide updated evidence- and expert opinion-based recommendations. The recommendations include a revised version of the ELN genetic categories, a proposal for a response category based on MRD status, and criteria for progressive disease.

Introduction

In 2010, an international expert panel, on behalf of the European LeukemiaNet (ELN), published recommendations for diagnosis and management of acute myeloid leukemia (AML).1 These recommendations have been widely adopted in general practice, within clinical trials, and by regulatory agencies. During recent years, considerable progress has been made in understanding disease pathogenesis, and in development of diagnostic assays and novel therapies.2 This article provides updated recommendations that parallel the current update to the World Health Organization (WHO) classification of myeloid neoplasms and acute leukemia.3,4 For diagnosis and management of acute promyelocytic leukemia, readers are referred to the respective recommendations.5

Methods

The panel included 22 international members with recognized clinical and research expertise in AML. The panel met 3 times. Literature searches, categorization of evidence, and arrival at consensus were done as previously.1 Relevant abstracts presented at the 2013 to 2015 meetings of the American Society of Hematology, and the 2013 to 2016 meetings of the American Association for Cancer Research, the European Hematology Association, and the American Society of Clinical Oncology were reviewed.

Table and Figure

NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください