鉄欠乏性貧血の診断における網赤血球ヘモグロビン等量(Ret-He)の有用性 Int J Hematol (2017) 106:116–125

論文(Ret-He)

Int J Hematol (2017) 106:116–125
Reticulocyte hemoglobin equivalent as a potential marker for diagnosis of iron de ciency

Clinical question

うちの教授がRet-He(網赤血球ヘモグロビン等量(reticulocyte hemoglobin equiva- lent:RET-He))が大好きなため,カンファで指摘される前に調べてみた.

Key point

Ret-He (網赤血球ヘモグロビン等量)はなかなか優秀なようだ.

Abstract

鉄欠乏性貧血(IDA)の診断には、血清フェリチンおよび血清鉄に関するパラメータの評価が非常に重要である.
近年、血液分析のための自動化システムの開発により、CBC検査に使用されたのと同じサンプルにおいて、網状組織の鉄含量を反映すると考えられている網状赤血球ヘモグロビン等量(RET-Heを測定することが可能になった.
RET-Heが実際に鉄欠乏(ID)を評価できるならば、IDAの即時診断に役立つだろう.
本研究では、鉄欠乏診断にRET-Heの有用性を検討した.
211人の患者から血液サンプルを得た.
貧血はヘモグロビン(Hb)が <12 g / dLと定義された.
鉄欠乏(ID)は血清フェリチン値<12 ng / mLと定義された.
患者は,コントロール,鉄欠乏性貧血(IDA)、鉄欠乏(ID)および貧血はあるが,鉄欠乏はない群の4つのグループに分類された.
IDA群の患者は、コントロール群の患者よりも有意にRET-Heレベルが低かった.
RET-Heは、IDAおよびID群の血清フェリチンと相関していた.
RET-HeのROC下の面積は0.902であり、RET-HeはIDの診断を高精度で容易にすることを示している.
RET-Heは21人のIDA患者の鉄投与中のHbの変化と並行して変化した.
我々の結果は、RET-Heが一般集団におけるIDを決定するための臨床的に有用なマーカーであり得ることを示す。

まとめ

本研究では、IDA診断のためのRET-Heの有効性を評価した.
我々の結果は、RET-Heが一般集団における鉄欠乏を判定するための臨床的に有用なマーカーであり得ることを示した.
したがって、血清鉄や血清フェリチンなどの他のパラメータに先立つ貧血患者のRET-Heの初期測定は、その評価が迅速で完全に自動化されており、EDTAチューブに採取された末梢血サンプルのみを必要とするため有用である.
最後に、RET-Heは、鉄投与の有効性の評価にも使用される可能性がある.

英単語

Table and Figure

NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage
NewImage

原文

Evaluation of parameters relating to serum fer- ritin and iron is critically important in the diagnosis of iron de ciency anemia (IDA). The recent development of automated systems for hematology analysis has made it possible to measure reticulocyte hemoglobin equivalent (RET-He), which is thought to re ect iron content in reticu- locytes, in the same sample used for complete blood count tests. If RET-He is, indeed, capable of evaluating iron de – ciency (ID), it would be useful for immediate diagnosis of IDA. In the present study, we examined the usefulness of RET-He for diagnosis of ID. Blood samples were obtained from 211 patients. Anemia was de ned as hemoglobin (Hb) level of <12 g/dL. Iron de ciency was de ned as serum fer- ritin level of <12 ng/mL. Patients were classi ed into four groups: IDA, ID, control, and non-ID with anemia. Patients in the IDA group had signi cantly lower RET-He levels than those in the control group. RET-He correlated with serum ferritin in the IDA and ID groups. The area under the curve for RET-He was 0.902, indicating that RET-He facilitates the diagnosis of ID with high accuracy. RET-He changed in parallel with changes in Hb during iron admin- istration for 21 IDA patients. Our results indicate that RET- He may be a clinically useful marker for determining ID in the general population.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.