ACE阻害薬とARBの違いについて 心不全がない心血管イベントのリスクが高い患者におけるACE vs ARB.

ACE阻害薬とARBの違いについて

心不全がない心血管イベントのリスクが高い患者におけるACE vs ARB.

Clinical question

優秀な研修医の先生がARBとACEは違いがないんでしょ?と質問されたから.

題名

A心不全がない患者におけるACEとARBの比較試験のメタ解析

論文:

J Am Coll Cardiol. 2013 Jan 15;61(2):131-42.

A meta-analysis reporting effects of angiotensin-converting enzyme inhibitors and angiotensin receptor blockers in patients without heart failure.

【Abstract】

目標

この研究の目的は心不全のないが,心血管イベントのリスクの高い患者でのACE阻害薬(ACR is)およびARB(アンギオテンシン受容体遮断薬)の新規の心血管イベント,心筋梗塞,および脳卒中,新規心不全,新規糖尿病に対する効果を検証することである.

Background

ACE-HFは高リスク患者のCV(心血管)イベントを減少させるが、ARBの効果はそれほど確実ではない。

Methods

心不全のない108,212例の患者におけるARBまたはACE-Is対プラセボを比較した26のランダム化試験をメタアナリシスで収集し、複合転帰、全原因死、新規発症心不全および新発症と糖尿病のリスクを分析した.

Results

ACEについて(プラセボと比べて)

複合結果(composite outcome):

(odds ratio OR: 0.830 95% confidence interval (CI): 0.744 to 0.927; p = 0.001)

心筋梗塞: (OR: 0.811 95% CI: 0.748 to 0.879; p < 0.001)

脳梗塞:(OR: 0.796 95% CI: 0.682 to 0.928; p < 0.004)

全原因死: (OR: 0.908 95% CI: 0.845 to 0.975; p = 0.008)

新規心不全: (OR: 0.789 95% CI: 0.686 to 0.908; p = 0.001)

新規DM: (OR: 0.851 95% CI: 0.749 to 0.965; p < 0.012)

ARBについて (プラセボと比べて)

複合結果:(OR: 0.920 95% CI: 0.869 to 0.975, p = 0.005)

心筋梗塞:なし

脳梗塞:(OR: 0.900 95% CI: 0.830 to 0.977, p = 0.011)

全原因死:なし

新規心不全:なし

新規糖尿病: (OR: 0.855 95% CI: 0.798 to 0.915; p < 0.001)

Conclusions

HF(心不全)を伴わない高CV(心血管イベント)リスクの患者では、ACE-IsおよびARBは、CV死亡、MI(心筋梗塞)および脳卒中の複合転帰のリスクを低下させた. ACE-Isはまた、全原因死、新規発症HF、および新発症DMのリスクを低減する.

したがって、ARBは、ACE-Isを使用できない患者のCV死亡率および罹患率を低下させる有益な選択肢である.

【まとめ】

Figure3で明らかだが,ACEの有用性は明白

HFを持たない高リスクの患者では、ACE-Isは全原因およびCV死、ならびにCV罹患率および新規発症DMを減少させた。 ARBは、CV死亡、心筋梗塞および脳卒中ならびに新発症DMのリスクの複合的結果を減少させた. したがって、ARBは、ACE-1療法に耐性のない高リスク患者にとって実行可能な選択肢である.

心血管イベントリスクの高い心不全を発症していない患者においてARBよりACEを優先する理由はない.ACEを最初につかって,不対応であればARBを使おう.

【英単語】

【Table and figure】

【原文】

Objectives

The goal of the study was to assess the effects of angiotensin-converting enzyme inhibitors (ACE-Is) and angiotensin receptor blockers (ARBs) on the composite of cardiovascular (CV) death, myocardial infarction (MI), and stroke, and on all-cause death, new-onset heart failure (HF), and new-onset diabetes mellitus (DM) in high-risk patients without HF.

Background

ACE-Is reduce CV events in high-risk patients without HF whereas the effects of ARBs are less certain.

Methods

Twenty-six randomized trials comparing ARBs or ACE-Is versus placebo in 108,212 patients without HF were collected in a meta-analysis and analyzed for the risk of the composite outcome, all-cause death, new-onset HF, and new-onset DM.

Results

ACE-Is significantly reduced the risk of the composite outcome (odds ratio [OR]: 0.830 [95% confidence interval (CI): 0.744 to 0.927]; p = 0.001), MI (OR: 0.811 [95% CI: 0.748 to 0.879]; p < 0.001), stroke (OR: 0.796 [95% CI: 0.682 to 0.928]; p < 0.004), all-cause death (OR: 0.908 [95% CI: 0.845 to 0.975]; p = 0.008), new-onset HF (OR: 0.789 [95% CI: 0.686 to 0.908]; p = 0.001), and new-onset DM (OR: 0.851 [95% CI: 0.749 to 0.965]; p < 0.012). ARBs significantly reduced the risk of the composite outcome (OR: 0.920 [95% CI: 0.869 to 0.975], p = 0.005), stroke (OR: 0.900 [95% CI: 0.830 to 0.977], p = 0.011), and new-onset DM (OR: 0.855 [95% CI: 0.798 to 0.915]; p < 0.001).

Conclusions

In patients at high CV risk without HF, ACE-Is and ARBs reduced the risk of the composite outcome of CV death, MI, and stroke. ACE-Is also reduced the risk of all-cause death, new-onset HF, and new-onset DM. Thus, ARBs represent a valuable option to reduce CV mortality and morbidity in patients in whom ACE-Is cannot be used.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください