肛門周囲膿瘍の,原因菌,起因菌,細菌学的評価,症状,身体所見,リスクファクター

肛門周囲膿瘍の,原因菌,起因菌,細菌学的評価,症状,身体所見,リスクファクター

Clinical question

肛門周囲膿瘍の起因菌ってどんなんなんだろう?腸内細菌叢と違うんだろうか?

題名

成人81例の肛門周囲膿瘍における細菌学的評価

論文:

Braz J Infect Dis. 2010 May-Jun;14(3):225-9.

The evaluation of bacteriology in perianal abscesses of 81 adult patients.

【Abstract】

Background

肛門周囲膿瘍の治療には、迅速な外科的ドレナージおよび抗菌薬投与が必要である.

しかし、合併症のない肛門周囲膿瘍がドレナージのみで安全に治療できるというエビデンスがないため、抗菌剤の選択的使用をケースバイケースで奨励すべきである.

このため、原因となる生物を特定することが重要である.したがって、我々はこれらの患者の微生物学的分析にアクセスした.

Methods

この研究では、Diyarbakirの大学病院で2004年1月から2006年12月にかけて81人の肛門周囲膿瘍患者について検討した.

Results

7つの標本を除いて細菌が培養された.

結果は, Escherichia coli, Bacteriodes spp., coagulase-negative Staphylococci,(CNS) and Staphylococcus aureus.が多くを占めた.

Conclusions

他の研究者とは対照的に、この研究は、好気性の細菌が肛門周囲膿瘍の原因菌である可能性を示した.

【肛門周囲膿瘍の症状】

疼痛:100%

局所浮腫:61.7%

熱:45.6%

紅斑:45.6%

圧痛:30.8%

悪寒:24.6%

【リスクファクター】

DM,アルコール,肥満,悪性腫瘍が多くを占める.

反復が9.8%を占める.

【分離された細菌】

【まとめ】

原因菌としてCNSが一定数を占めるというのは意外であった.

単施設研究なのでさらなる研究は必要だが,Bacteriological study in perianal abscess is not useful and not cost-effective.(ANZ J Surg. 2016 Oct;86(10):782-784. doi: 10.)とかいう論文もあるのでそんなにはでてこないか...?

もう1本あるので後でupすることにしよう.

【英単語】

PAes:肛門周囲膿瘍 perianal abcesses

specimens:標本

yielded bacterial growth:細菌の培養

【Table and figure】

【原文】

Objective: Treatment of perianal abscesses requires prompt surgical drainage and antimicrobial therapy. However, we should encourage the selective use of antimicrobial agents on a case-by-case basis, especially because there is no evidence that uncomplicated perianal abscesses can be safely treated only with drainage. For this reason, it is important to identify the causative organisms; therefore, we accessed the microbiological analysis of these patients. Patients and methods: In this study, 81 consecutive adult patients with perianal abscesses, who presented at a university hospital in Diyarbakir from January 2004 to December 2006, were included. Clinical and laboratory data, and results of microbiological analysis were recorded. Results: All specimens, except seven, yielded bacterial growth. Escherichia coli, Bacteriodes spp., coagulase-negative Staphylococci, and Staphylococcus aureus were the most common isolated organisms. Conclusion: In contrast to other investigators, this study demonstrated that aerobic organisms are the predominant isolates in these infections.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください