濾胞性リンパ腫が形質転換するリスクファクター

リツキシマブ濾胞性リンパ腫の形質転換は論文によって様々であり,0.5-2.0%/年ぐらいだと考えているが,どうだろうか.

題名

リツキシマブ時代の濾胞性リンパ腫における生検で証明された形質転換の発生率. チェコリンパ腫研究グループ(CLSG)データベースからの回顧分析

論文:

Annals of Hematology (2018) 97:669–678

The incidence of biopsy-proven transformation in follicular lymphoma in the rituximab era. A retrospective analysis from the Czech Lymphoma Study Group (CLSG) database

【Abstract】

この研究の目的は、リツキシマブ時代の濾胞性リンパ腫(FL)患者における生検で証明された形質転換の発生率、危険因子、および結果を評価することである.

前向きに検討されたチェコリンパ腫研究グループデータベースにおいて2002〜2012年に同定された、最初に診断されたFLグレードが1~3Aを有する1233人の患者において、形質転換が分析された.

組織学的に証明された形質転換(HT: histologically proven transformation)を有する患者のみが含まれた。.HTは、初期のFL診断から3.0年の中央値で58例において発生した; HT率は5年間で4%であった

形質転換は、最初の再発時に最も頻繁に起こった(患者84%)

HT発生時から中央値のOSは2.5年(95%CI 0.4-4.6)であり、HTを用いた6年のOSはすべてのFLに比べて短かった(60対83.9%; 95%CI).

FILIPI分類(Follicular Lymphoma International Prognostic Index)は関係なく,巨大腫瘍(A bulky tumor)(10cm以上)、LDHの増加、年齢が60歳以上およびIPIが(中等度/高リスク)は形質転換と関連していた(p <0.05).

最初の化学療法は,患者の70%がリツキシマブ(36%のリツキシマブ維持を含む)、57%のCHOP様レジメンを受け、患者の2.6%がフルダラビンベースの治療を受けた,11%の患者が経過観察された.

第1のライン(n = 591)でR-CHOPで治療された患者は、4.23%(95%CI 2.52-5.93)の5年間の変換率を示した.その後のリツキシマブ維持(n = 276)対 観察(n = 153)は、より低い変換率(p.033; HR 3.29; CI 1.10-9.82)と関連していた.

形質転換の確率は、リツキシマブが使われる以前よりも低いようであるが、治療中に発生するHTの予後は依然としてかわらない.

【英単語】

HT: histologically proven transformation:組織学的に証明された形質転換

【Table and figure】

まとめ

形質転換のリスクは

1,IPIがHigh-intermediate risk (HR=2.27

2,IPIがHigh risk (HR=4.86

3,60歳以上(HR=1.73

4,10cm以上の巨大病変(HR=1.81

5,LDH高値(HR=2.34

 

発症率に関しては,生検が困難な例も多いと思われるから実際はもう少し多いと考えられる.

【原文】

The aim of this study is to assess the incidence, risk factors, and outcome of biopsy-proven transformation in follicular lymphoma (FL) patients in the rituximab era. Transformation was analyzed in 1233 patients with initially diagnosed FL grades 1-3A, identified between 2002 and 2012 in the prospectively maintained Czech Lymphoma Study Group database. Only patients with histologically proven transformation (HT) were included. HT occurred in 58 cases at a median of 3.0 years from the initial FL diagnosis; the HT rate was 4% at 5 years. Transformation occurred most frequently at the first relapse (84% patients). Median OS from the HT was 2.5 years (95% CI 0.4-4.6) and 6-year OS with HT was shorter compared to all FLs (60 vs. 83.9%; 95% CI). A bulky tumor (ae<yen> 10 cm), increased lactate dehydrogenase, age ae<yen> 60 years, and International Prognostic Index (intermediate/high risk), but not Follicular Lymphoma International Prognostic Index, were associated with transformation (p < 0.05). In the first line, 70% of patients received rituximab (including 36% rituximab maintenance), 57% CHOP-like regimens, and 2.6% of patients were treated with fludarabine-based therapy, whereas 11% of patients were watched only. The patients treated with R-CHOP in the first line (n = 591) showed the transformation rate at 5 years of 4.23% (95% CI 2.52-5.93); subsequent rituximab maintenance (n = 276) vs. observation (n = 153) was associated with a lower transformation rate (p.033; HR 3.29; CI 1.10-9.82). The transformation rate seems to be lower than in previous series, which may be influenced by broad use of rituximab, but prognosis of HT developed during therapy continues to be poor.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください