再発,難治性のホジキンリンパ腫に対してニボルマブ(オプジーボ®︎)とブレンツキシマブ・ベドチン(アドセトリス®︎)併用療法の中間報告

再発,難治性のホジキンリンパ腫に対してニボルマブ(オプジーボ®︎)とブレンツキシマブ・ベドチン(アドセトリス®︎)併用療法の中間報告

題名

再発,難治性のホジキンリンパ腫に対してニボルマブ(オプジーボ®︎)とブレンツキシマブ・ベドチン(アドセトリス®︎)併用療法の中間報告

論文:

Interim results of brentuximab vedotin in combination with nivolumab in patients with relapsed or refractory Hodgkin lymphoma

Blood. 2018 Mar 15;131(11):1183-1194.

略語

R/R:再発/ 難治性relapsed or refractory

cHL:古典的ホジキンリンパ腫classical Hodgkin lymphoma

【Abstract】

このフェーズ1/2の試験では、再発性または難治性(R / R)古典的ホジキンリンパ腫(HL)の患者において、併用投与されるbrentuximab vedotin(BV)およびnivolumab(Nivo)を最初の救済療法として評価した.

患者は、1日目にBVを投与し、最初のサイクルの8日目にNivoを投与して、4回までの併用療法を受けた.

治験治療後、2014年のルガーノ分類ごとに治験責任医師の回答を評価し、患者は自己幹細胞移植(ASCT)に進むことができた。サイクル2〜4ではBVとNivoの両方が第1日に投与された.

62人の患者が登録された.治療された患者(n = 61)の完全奏功率は61%であり、客観的奏功率(ORR)は82%であった.

ASCTの前での有害事象(AE)は98%であり,主に1年生および2年生に発生した.

インフュージョン・リアクション(Infusion-related reactions)(IRR)は患者全体の44%で発生し、41%の患者が少なくとも1回のBVで体験した.

5人の患者(8%)が免疫関連の有害事象のため全身性ステロイドで治療された.

BVの初回投与後、調節性T細胞(regulatory T cells)を含む末梢T細胞サブセット(peripheral T-cell subsets)の減少が観察され、炎症誘発性サイトカインおよびケモカインの増加と同時に胸腺および活性化調節ケモカインの血清レベルの低下が見られた.

BVとNivoの併用は、従来の化学療法の代替としてR / R HLを患者に提供する可能性のある、有効かつ耐容性の高い最初の救済レジメンであった。

要約

R / R HLを有する患者のうち、第1回サルベージ療法としてのBV + Nivoの併用は、耐容性が高く、活性が高かった.

この研究のORRおよびCR率は、従来の併用化学療法のない外来療法を使用して、それぞれ82%および61%であった.

自家末梢血幹細胞採取の採取量に影響をおよぼさなかった(長期的な研究は必要)

CRを達成しなかった患者の大部分は、その後の治療に応答し、ASCTで進行することができた.

BVは、腫瘍微小環境(腫瘍抗原の放出、免疫細胞サブセットへの影響)を調節し、Nivo治療後にT細胞クローン増殖を促進する可能性がある.

【Table and figure】

【原文】

Abstract

In this phase 1/2 study, brentuximab vedotin (BV) and nivolumab (Nivo) administered in combination were evaluated as initial salvage therapy in patients with relapsed or refractory (R/R) classical Hodgkin lymphoma (HL). Patients received up to 4 cycles of combination treatment, with BV administered on day 1 and Nivo on day 8 of the first cycle. For cycles 2 to 4, BV and Nivo were both administered on day 1. After study treatment, responses were evaluated by investigators per the 2014 Lugano classification, and patients could proceed to autologous stem cell transplantation (ASCT). Sixty-two patients were enrolled; the complete response rate among all treated patients (n = 61) was 61%, with an objective response rate of 82%. Before ASCT, adverse events (AEs) occurred in 98% of patients, mostly grades 1 and 2. Infusion-related reactions (IRRs) occurred in 44% of patients overall, with 41% of patients experiencing an IRR during at least 1 infusion of BV. Five patients (8%) were treated with systemic steroids for immune-related AEs. A reduction of peripheral T-cell subsets including regulatory T cells was observed after the first dose of BV, and reduced serum levels of thymus- and activation-regulated chemokine concurrent with an increase in proinflammatory cytokines and chemokines were seen after the first BV plus Nivo infusions. The combination of BV plus Nivo was an active and well-tolerated first salvage regimen, potentially providing patients with R/R HL an alternative to traditional chemotherapy. This trial was registered at www.clinicaltrials.gov as #NCT02572167.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください