フィルスチグラム(グラン®︎)は臍帯血移植後のCD4陽性T細胞の免疫再構築に影響をおよぼす.

フィルスチグラム(グラン®︎)は臍帯血移植後のCD4陽性T細胞の免疫再構築に影響をおよぼす.

論文:

Filgrastim enhances T-cell clearance by antithymocyte globulin exposure after unrelated cord blood transplantation

Blood Adv. 2018 Mar 13;2(5):565-574.

Keypoint

残存するATG暴露はBMT後よりもCBT後でCD4陽性T細胞免疫再構築をより遅らせる.

CBT後早期に投与されるフィルスチグラム(G-CSF)は残存するATG暴露を有する患者のATGによって媒介されるT細胞のクリアランスを促進する.

略語

CD4+ IR=CD41 T-cell immune reconstitution

HCT=hematopoietic (stem) cell transplantation

CBT =cord blood transplantation

BMT=bone marrow transplantation

【Abstract】

同種造血幹細胞移植(HCT)後の残存抗胸腺細胞グロブリン(ATG; Thymoglobulin)曝露は、CD41陽性T細胞免疫再構築(CD4+IR)を遅延させ、その後の罹患率および死亡率を増加させる.

この効果は、骨髄移植(BMT)と比較して、臍帯血移植(CBT)後に特にみられる.

この理由は現在よくわかっていない.

2008年1月から2016年9月に初回の同種幹細胞移植をうけた275人の患者(CBT n= 155、BMT n = 120;中央値年齢、7.8歳、範囲、0.16〜19.2歳)におけるBMTおよびCBT後のCD4+IR(CD4陽性細胞免疫再構築)に対する活性ATG曝露の影響を調べた.多変量ログランク検定(Multivariate log-rank tests (with correction for covariates) )では、CD4+ IRがCBT後の方がBMT後よりも早く,CBT群の方が<10 active-ATG × day/mL (P = .018)とATGの残存暴露がみられた. (この辺よくわからない,)

対照的に、>10 active-ATG × day/mL 曝露は、CBT後のCD4+ IR(P<0.01)を障害するP<0.01)、BMT後のCD4+ IRの障害にはならない.(P=0.74).

これらの差異を解明するために、臍帯血および骨髄グラフト由来のT細胞サブセット、B細胞、ナチュラルキラー細胞および単球を用いたATG結合およびATG細胞毒性実験を行った.差は認められなかった。

それにもかかわらず、コホートの主要な共変量は、フィルグラスチム治療(CBT後のみ)であった.

Filgrastim(顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF))曝露は好中球媒介ATG細胞傷害性を高め(by 40-fold 0.5 vs 20%; P 5 .002) るこの結果は,CBT後に増強されたT細胞クリアランスでも説明できる.

この結果は残存ATG曝露を有する患者におけるG-CSFの使用(および/またはタイミング)の改訂を意味する.

結論

HCT後のT細胞免疫再構築は生存のために重要である.

どの因子が免疫性構築に影響を及ぼし,どのメカニズムが関与しているかを知ることは大切.

結論として、残存したATG曝露を伴う小児患者におけるCBT後の不良なT細胞再構築は、おそらく、G-CSF治療によるATG媒介性のT細胞クリアランスの増強によるものであろう.

G-CSF処理なしでは、CBTリンパ球とBMTリンパ球との間にATG媒介性細胞傷害性の差異は見られなかった.

ATGが含まれるレジメンでのHCT後でのT細胞免疫再構築およびより良好な臨床転帰を達成するために、G-CSF処置の使用を再考すべきである.(使用の是非とタイミング)

【英単語】

revealed :明らかに

decipher:証明する

【Table and figure】

【原文】

Residual antithymocyte globulin (ATG; Thymoglobulin) exposure after allogeneic hematopoietic (stem) cell transplantation (HCT) delays CD4+ T-cell immune reconstitution (CD4+ IR), subsequently increasing morbidity and mortality. This effect seems particularly present after cord blood transplantation (CBT) compared to bone marrow transplantation (BMT). The reason for this is currently unknown. We investigated the effect of active-ATG exposure on CD4+ IR after BMT and CBT in 275 patients (CBT n = 155, BMT n = 120; median age, 7.8 years; range, 0.16-19.2 years) receiving their first allogeneic HCT between January 2008 and September 2016. Multivariate log-rank tests (with correction for covariates) revealed that CD4+ IR was faster after CBT than after BMT with <10 active-ATG × day/mL (P = .018) residual exposure. In contrast, >10 active-ATG × day/mL exposure severely impaired CD4+ IR after CBT (P < .001), but not after BMT (P = .74). To decipher these differences, we performed ATG-binding and ATG-cytotoxicity experiments using cord blood- and bone marrow graft-derived T-cell subsets, B cells, natural killer cells, and monocytes. No differences were observed. Nevertheless, a major covariate in our cohort was Filgrastim treatment (only given after CBT). We found that Filgrastim (granulocyte colony-stimulating factor G-CSF) exposure highly increased neutrophil-mediated ATG cytotoxicity (by 40-fold 0.5 vs 20%; P = .002), which explained the enhanced T-cell clearance after CBT. These findings imply revision of the use (and/or timing) of G-CSF in patients with residual ATG exposure.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.